大越健介さんのNHK退職理由は何?左遷と関係あったのか?


スポンサーリンク

今、報道ステーションのキャスターとして大活躍されている大越健介さんですが、NHKを退職した時の理由は何だったのか?左遷と関係あったのか?調査しました。

さろまん男
さろまん男

退職と降板は関係あったのかな?しこりが残りそうだけど。

大越健介さんのNHK退職理由は何だったのか?

2021年6月30日付でNHK退職した理由は、定年だったからです。

生年月日は1961年8月25日ですので、あと、2か月、NHKに居られましたが2か月前倒しで退職されました。

当然この頃には報道ステーションのキャスターの話があったのでしょうね。

NHK退職理由は定年だったからなのですが、どこか、こう、モヤモヤする大越キャスターの「NHK退職劇」でした。

大越キャスターの退職話はどうしても「NHKニュースウォッチ9降板事件」と重なります。

いくつか気になる点があったので、まとめてみました。

大越キャスターはなぜニュースウォッチ9を降板したのか?

2015年3月に大越健介キャスターもニュースウォッチ9を降板しています。大越キャスターが降板したことに対しては、納得できない、いぶかしがる声が多くありました。

さろまん男
さろまん男

私の父も大越健介さんが大好きでニュースウォッチ9を見ていました。突然の降板報道にガックリ来ていました。

大越キャスターは安倍政権の方針に疑問を投げかけることを番組内で言っていたことから、「NHKが安倍政権への忖度で大越キャスターを左遷したのだ」という声が多く見受けられました。

NHKでは、毎年10月か11月頃に『キャスター委員会』という会議が開かれます。『ニュース9』や『おはよう日本』『あさイチ』といった番組のメインキャスターを誰にするかを話し合う場で、翌年春の番組改編などでキャスターが代わる可能性があれば、そこで新任のリストが挙げられ議論される。

昨年の委員会では、『ニュース9』に関してキャスター交代の話が持ち上がらなかったので、当然、大越さんは留任するものだと皆が思っていた」(前出の記者)ところが、年が明けてから突然、大越氏が交代するという報道が出た。NHK職員のほとんどが、報道で彼の交代を知ったのだ。あまりに唐突な話だったので、NHK上層部が官邸の意向をうかがって行った特別人事ではないかと見る向きも多い。

NHK関連会社の幹部が語る。「大越さんは昨年暮れ、上層部から呼び出され、降板を言い渡されたそうです。本人も寝耳に水だったので、なぜこのタイミングなのか、もう少しやらせてもらえないかと食い下がったが、決定は覆らなかった。表向きは通常の異動による交代ということになっているが、事実上の『左遷』といっていい人事で、本人も煮え切らない思いでいっぱいのようです」

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/42660

ポイント
・通常の委員会で大越キャスターの交代の話はなかった。
・年明けに、急に大越キャスターの降板の報道が出た。
・本人が寝耳に水だった。

毎年決まっている定例会では大越健介キャスターの話題が上がらなかったのに、年明けに急遽、降板報道が出たのは「なぜだ?」「何かあったのか?」と国民の関心を引き寄せました。

大越さんは煮え切らない思い出いっぱいだったと言いますが、おくびにも出さず、3月までニュースウォッチ9を務め上げたのはさすがでした。

有馬嘉男キャスターもニュースウォッチ9を降板させられている

有馬氏の降板をめぐって取り沙汰されているのが、昨年10月26日の臨時国会開幕日、菅義偉首相が生出演した際のやりとりだ。有馬氏は、炎上していた日本学術会議をめぐる問題で、菅首相に質問を重ねた。菅首相は最後には明らかにムッとした様子で「説明できることと、説明できないことがある」と述べた。

https://bunshun.jp/articles/-/43713

ポイント
・有馬嘉男キャスターが正当な質問をしたが、菅首相を怒らせた。

12月12日には朝日新聞が、坂井学官房副長官の会食時の発言として「所信表明の話を聞きたいといって呼びながら、所信表明にない学術会議について話を聞くなんて。(略)NHK執行部が裏切った」と語ったことを報道。菅官邸のNHKへの怒りは周知の事実となった。このころから、局内では水面下で“有馬降ろし”が始まったという。

こうした動きを察知したのか、昨年11月頃から有馬氏は周囲にこう漏らしていた。

「辞めさせられそうだ……」

そして事実、有馬氏の降板が決定したのだ。

https://bunshun.jp/articles/-/43713?page=2

ポイント
・菅首相がNHKにし対して怒った。
・NHKが菅内閣に忖度して、有馬降ろしを始めた。

有馬キャスターは昨年秋に菅義偉首相が出演した際、予定にない質問をし首相を怒らせたため降板させられたと一部で報道された。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202103260003549.html

視聴者が知りたがってる鋭い質問をすると、首相は答えにくいから怒るわけです。

そうすると、NHKは時の内閣に対して「怒らせてしまった!」と動揺し、そのキャスターを更迭するという流れです。

今後もこういうことはあるでしょう。NHKには「キャスターの主張は正当です!」と内閣の圧力を跳ね返してほしいものです。

武田真一アナもクロ現+を降板させられた

NHKの顔と言われる武田真一アナもクロ現+を降板、大阪放送局へ異動。武田アナもまさか!と思ったようで。

降板理由には、ある事件がありました。

「1月19日放送の『クロ現+』で、自民党の二階俊博幹事長をインタビューしました。このときのやりとりが“虎の尾を踏んだ”と囁かれているのです」(前出・NHK関係者)

テーマは新型コロナ対策だった。武田アナは、いつもの穏やかな調子で「政府の対策は十分なのか。さらに手を打つことがあるとすれば何が必要か」と質問。すると二階氏は「いちいちそんなケチをつけるもんじゃないですよ」と凄んでみせたのだ。

「武田アナはこの質問で、政権の実力者である二階氏の不興を買った。その直後に突然の降板となれば、訝しむ声が上がるのは当然です」(同前)

https://bunshun.jp/articles/-/43713?page=4

二階俊博幹事長。今となっては自民党の勢力争いに負け、息子も選挙で勝てず、引退か!と言われるほど力を落としましたが、2017年当時は飛ぶ鳥を落とす勢いでした。

武田真一アナの柔らかく物腰ながらも、的を射た質問は、二階俊博幹事長をイラッとさせたのでした。

たしかに、〇ロナ対策は前代未聞の現象で、やってみないとわからない部分もあるから、ツッコんだ質問をしても、地球上、誰も回答はわからないことではあるのですが、、、

ここでも、NHKは政権に忖度したんじゃないか!との声が挙がりました。


スポンサーリンク

大越さんの後任。時系列

2010年3月29日~2015年3月27日大越健介キャスター
2015年3月30日~2017年3月31日
河野憲治キャスター
2017年4月3日~2021年3月26日有馬嘉男キャスター 降板
有馬嘉男キャスター
2021年3月29日~現在田中正良さん
田中正良キャスター

国谷裕子さん「クロ現」降板の真相

2016年3月に、1993年4月から23年間、クローズアップ現代の司会を務めてきた国谷裕子さんが突如降板しました。

あの久米宏さんと国谷裕子さんの会談記事がありました。

久米さんは「降りた、降ろされた。どちらかというと降ろされたほうですか?」と質問。国谷さんは「そうですね、と思います。はい」と苦笑い。

そして久米さんは国谷さんがNHKの前会長籾井勝人氏に批判的な内容のインタビューをしていたことなどをあげ、「とてもNHKのアナウンサーはこういう発言はできません。(国谷さんが)『フリーランサー』っていうスーパーをいれたほうがはるかに効果があると思う」と国谷さんの姿勢を賞賛した。

また「あの会長じゃなかったら国谷さんは降板してなかっただろうと思ってるんですよ、そう思いません?」と問うと、国谷さんは「いやあ、わからないです」と首を傾げながら苦笑い。

国谷さんは「自分が予想していないかたちでやめることになるんだな」と突然の通告を受けたと語り、現場のスタッフたちからは直前に来年度も継続してほしいと言われていただけに「違う力が働いたんだろうなと思いましたね」と当時の心境を明かした。

https://www.bookbang.jp/article/529041

どちらかと言うと、降ろされたと。

その理由が、国谷裕子さんは籾井前NHK会長に批判的なインタビューをしたと。久米宏さんはそれを賞賛していますね。

国谷裕子さんは人目をはばからず泣いたと。(コメント欄)

キャスターは、ただ原稿を読むだけならAIにとって代わられます。キャスターの経験によるコメントがあるから見てる方はおもしろいのですが。

クローズアップ現代は国谷裕子さんを降ろしてしまったから、クロ現+に名前を変えました。私は当時、MCが変わるだけで中身は一緒なのに、なぜ?と思っていました。

今、大越健介さんの退職→降板→左遷を調べていたら、国谷裕子さんにたどり着きました。

大越さんの件に限らず、(見えない力が払いた)キャスターの降板はめずらしいことではないってことが分かりました。

大越健介さんのNHKを退職した理由 まとめ

大越さんのNHK退職理由は定年退職でした。

ただ、その裏にこういった降板劇がありました。大越さんだけでなく、多くの著名なキャスターが降板させられていました。

歴代のキャスターが卒業というより降板させられていたとは!

大きな力により降板させられる現状です。キャスターが代わる場合は、みんなが納得する形で「卒業」だといいですね!

さろまん男
さろまん男

卒業したアナウンサーを別の番組で見ると、なんだか嬉しくなるよね!

大越健介キャスター 年収 いくら?
大越健介 息子

スポンサーリンク

error: Content is protected !!