岡山放送の入水・パワハラ上司x氏とは誰?顔写真は?

岡山放送 パワハラ上司X氏って誰?デイレクター

スポンサーリンク

フジテレビ系列の岡山放送社員だった柏田貴一さん(30歳)が入水した件。その理由は上司x氏によるパワハラでした。パワハラ上司X氏とは誰なのか?について迫っていきます。

事のいきさつ

2021年7月6日午前9時半、岡山市の新岡山港 小豆島行のフェリー乗り場で1台の白いアウディが海中に飛び込みました。レスキュー隊に引き揚げられましたが、柏田貴一さんは死亡が確認されました。

・事故前にエンジンをふかす音を釣り人が聞いていること
・減速せず車が海に飛び込んでいること

から、柏田貴一さん自ら海に入水したと警察は断定しました。

柏田貴一さんは、2021年3月からお笑いトリオ「ハナコ」の冠番組『ハナコのBuzzリサーチ』を担当しました。「その異動が悲劇の始まりだった」と岡山放送(OHK)の社員は話しています。

「実は、番組の女性ディレクターが、演出を務める上司のX氏から暴言を受けて心を病み、担当を離れました。代わりに来たのが柏田さんでした。今度は彼がX氏の“標的”になってしまった」(同前)

柏田貴一さんは何をされたのか?

上司x氏からパワハラされました。

殺すぞ。「現場を束ねるX氏はロケなどで出先にいることが多く、仕事の指示は基本LINEか電話。柏田さんには休日や深夜を問わず、ひっきりなしに連絡が来ていました。その度に何度も台本の書き直しを命じられたり、取材の音声起こしをさせられたりしていた」(同前)
柏田さんがミスをすると、X氏は「なめてんのか」「殺すぞ」などと罵倒し、さらに「ここ(岡山)にはまともな奴がいねえのかよ」と吐き捨てていたという。

文春オンライン

上司x氏とは、休日、深夜にLINE、電話するとは配慮がなさすぎます。荒い言葉を多用し、部下に圧力をかける上司とのことです。

 X氏の圧力に苦しみながら、柏田さんはさらに過酷な勤務を強いられていた。
「『Buzzリサーチ』は岡山や香川の珍しいスポットを紹介してネットでバズらせるという番組。月に一度、ハナコさんに来てもらい、4本収録するのですが、月間12本の企画を2人のディレクターとX氏の3人で担当していた。

柏田さんは連日、早朝から深夜まで働き、2日連続で徹夜することもあって、疲れ果てていましたね」(番組関係者)

文春オンライン

2人のディレクターもいるということで、2人ディレクターの証言も聴きたいですね。

「日に日に痩せ細り、インタビューした相手の年齢を何度も聞き直すなど、様子がおかしくなってしまった。周囲のスタッフは『絶対に休ませたほうがいい』と心配していました」(同前)

周りの人もおかしいと思うほど、追い込まれていた。いさめる人はいなかったのかと思ってしまいます。

上司x氏は誰?どんな人?

・関西出身で40代前半。
・元々東京の大手制作会社の社員
・『どっちの料理ショー』など人気番組のディレクターをしていた。
・x氏の妻は岡山出身だから、x氏は岡山に転職した。

このようなヒントが文春オンラインに書かれていました。

Wikipediaでどっちの料理ショーのディレクターを調べるとこのように出てきました

女性は削除すると、

ディレクター:福田修、清水晶、白根伸一、山崎陽宏、森本展寧、金城正尚、及川博志、大沢哲也、三澤美玲、佐藤和彦、森大介、太田憲一、山城丈治、小林正純、永井洋之

『どっちの料理ショー』のディレクターというと、この人たちが表示されました。

生年月日で40代を調べればかなり誰か絞れます。1人1人、調べたのですが、有名人でないので詳細が記載されていません。Facebookがある人もいましたが、生年月日の記載がないです。

顔写真はまだですが、名前が判明次第、顔はわかるでしょう。

上司x氏は誰か、ここまでしか検索できませんでした。分かり次第更新します。

因みに、文春オンラインはx氏が誰か分かっています。x氏に直接電話をしています。

柏田貴一さんのご遺族、岡山放送の社員もx氏の名前を知っているので、後日Twitterなどで漏れてくるでしょう。

岡山放送(OHK)はどんな会社だったのか?

以前はこんなことが起きない良い会社だったのです。それがなぜこんな事件が起きることになってしまったのか?


スポンサーリンク

事実が徐々に明らかになってくるのを待ちたいと思います。随時更新して行きます。


スポンサーリンク

error: Content is protected !!