新庄剛志のwiki経歴・プロフィール~小学校・中学校・高校はどうだったのか?偏差値も!

新庄監督の経歴

スポンサーリンク

引用元: https://www.hmv.co.jp/news/article/2112031024/

現在、北海道日本ハムファイターズの“ビッグボス”として何かと世間を賑わせている新庄監督。

抜群の守備力と天性のスター性で現役時代から多くのファンを魅了してきた新庄監督は、どのような幼少期、そして青春時代を過ごしてきたのでしょうか。

今回はそんな新庄監督の若かりし頃にスポットライトを当てて情報をまとめてみました。

ぜひ最後までご覧ください!

新庄剛志の幼少期

生後10カ月で歩き始める

引用元: https://hochi.news/articles/20211116-OHT1T51012.html

長崎生まれ福岡育ちの新庄監督は、父・英敏さん、母・文子さんの元に生まれました。

新庄監督は幼少期から運動神経抜群で、なんと生後10ヶ月から歩き始めたそうです。

遅い子ですと、歩き始めるまでに2歳までかかると言われていますが、なんと10ヶ月出歩き始めるとは…。プロ野球界随一と言われた身体能力の片鱗はこの頃から見せていたのかも知れません。

海に放り込まれても泳ぎ始める

引用元:https://bb-news.jp/news/%E6%96%B0%E5%BA%84%E5%89%9B%E5%BF%97%E6%B0%8F%E3%81%AE%E3%80%8C8%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF%E3%80%8D48%E6%AD%B3%E3%81%AE%E8%82%89%E4%BD%93%E7%BE%8E.html

そして、新庄監督が2〜3歳になった頃。

このくらいのタイミングでやっと歩き始める子も少なくない中、父・英敏さんに海に放り込まれた新庄監督は、なんとスイスイと泳ぎ始めたそうです!

普通の子は、小学校に入ったくらいのタイミングで水泳を習い始め、25メートルを泳げるか泳げないかといったレベルですが、新庄監督は2〜3歳の段階でそれが出来ていたとのこと。

しかも、足が着く深さのプールではなく、深さと波がある海でそれが出来たとのことなので、本当に驚異的です。

ちなみに、私が2〜3歳の頃はせいぜいビニールプールで水遊びをする程度でした…。

幼児を海に放り込む英敏さんも相当凄いですが、泳ぎ切る新庄監督は更にすごいと思います。

小学校時代のエピソード

6歳にして大人より遠くまで石を投げる

引用元: https://resumedia.jp/32633.html

新庄監督は小学校に入学してからも凄かったです。

ある日、英敏さんに連れられて河原で石投げを見ていた新庄監督。

大人達が幅95メートルほどの川に向かって石を投げていたのですが、英敏さんに「お前も投げてみろ」と言われ石を渡されると、石は遥か彼方まで飛んでいったそうです。

その石は95メートル先にある向こう岸を超えて堤防まで到達したそうで、その恐るべき強肩は小学1年生の頃から健在だったことが伺えます。

その場に一緒に居た大人たちもさぞ驚いた事だと思います…。

もし私が近くに居たなら、先にサインを貰っていると思います。

石の軽さや重さはあるにせよ、さすがに100メートル以上も遠くへモノを投げる小学1年生は見たことはないですからね…。

少年野球チームを作る

長丘ファイターズのユニフォーム
引用元: https://www.schoolandcollegelistings.com/XX/Unknown/932675750150615/%E9%95%B7%E4%B8%98%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA

新庄監督は、小学校1,2年の頃はサッカーをしていましたが、漫画『キャプテン』の影響もあり、小学3年生からソフトボールを始めました。

そして小学校6年生次には、町内対抗ソフトボール大会でサヨナラ負けの判定をした審判にひとり食って掛かるなど、負けん気の強さを見せていました。…というエピソードで終われば普通の人なのですが、やはり普通ではないのが新庄監督。

その様子を見かねてなだめる監督にも食って掛かり「こんなに負けず嫌いな子は見たことが無い」と感銘を受けた監督が「そんなに悔しいのなら自分が監督を引き受けるから少年野球チームを創ってその悔しさを晴らそう」と提案しました。

それに乗った新庄監督はなんと2日間でメンバーを集め、ユニフォームのデザインやチーム名まで自分で決めました。そうして誕生したのが「長丘ファイターズ」です。

このチームは現在も続いており、元プロ野球選手の古本武尊さんや俳優の池松壮亮さんもこのチームのOBにあたります。

この類まれな行動力とカリスマは後の新庄監督のスター性を表すエピソードではないでしょうか。

また、野球人生の最初と最後のチーム名がファイターズというのもどこか縁を感じます。

新庄剛志 中学校時代のエピソード

授業中に左手小指を切断しそうになる

引用元: https://resumedia.jp/32633.html

小学校を卒業して長丘中学校に入学した新庄監督ですが、授業でノコギリを扱った際、誤って左手小指を切断しかける事故に遭います。

著書「わいたこら」より

そもそも僕の強運は、どこから始まったんだろう。

中学生のとき、技術家庭科の時間に、のこぎり盤で指を切る大けがをしたことがある。
友だちとふざけていて、ふとした瞬間に、左手をのこぎり盤に突っ込んでしまった。指が触れた瞬間、スパッと切れた。
もう、ちょっとでも指をひっぱったら完全にちぎれそうだった。病院でなんとかくっつけてもらったけど、指を切断してもおかしくないくらいのケガだと言われた。

そのとき、指の神経が切れてしまった。
もし、切ったのが右手の指だったら、間違いなく僕はプロ野球選手になれなかったはずだ。

このように、怪我をしたのが左手であったのが不幸中の幸いと言えますが、想像しただけでゾッとしますね…。

ただ、新庄監督の事なのでプロ野球選手になれなかったとしても、何かしらの分野でトップアスリートとして活躍してそうではありますが…。

全国大会のメンバーを外される

引用元: https://resumedia.jp/32633.html

そんな事故も経験しつつ、新庄監督は中学でもその才能を発揮します。

当時の監督も、走力・肩力が桁外れだと評価するほどの選手になっていました。

そんな新庄監督はこの中学時代に挫折を経験します。

それは、中学2年次に長丘中学野球部は全国大会出場が決まっていたのですが、新庄監督はここでベンチメンバーから外されてしまいます。

当時、新庄監督は大きなショックを受け、大会遠征から帰宅するやいなや自室に引きこもり泣いて痛そうです。では、なぜ実力を認められていた新庄監督は全国大会のベンチメンバーから外されたのかというと、当時の監督いわく「試練を与えるためにあえてメンバーから外した」とのことでした。

確かに、周囲から認められる実力を持ち、ここまで挫折らしい挫折を経験していない新庄監督。もしかしたら、監督から見ると多少天狗になっているところが見受けられたのかも知れません。

それでなくとも、負けや挫折を経験している人間は強いです。当時の監督も若き日の新庄監督に、挫折から立ち上がる強さを身に着けてほしいという願いがあったのでしょう。

その意図を知ってか知らずか、新庄監督は当時を振り返って「監督は恩人」と語っていたそうです。

新庄剛志 高校時代のエピソード

名門・西日本短大付属高校に一般入試で入学する

引用元: https://www.nishitan.ed.jp/%E9%83%A8%E6%B4%BB%E5%8B%95/%E9%81%8B%E5%8B%95%E9%83%A8/

父・英敏さんからの薦めもあり、新庄監督は一般入試で西日本短大付属高校に入学しました。

理由は「甲子園とプロが狙えるから」単純かつ明快な理由です。

西日本短大付属高校野球部は、夏6回春1回の計7回の甲子園出場を誇る名門です。

1年生から寮生活を送る事になった新庄監督は、能力の高いライバルがひしめく名門で腕を磨くことになりました。

西日本短大付属高校の偏差値は?

引用元: https://www.nishitan.ed.jp/%E8%A5%BF%E7%9F%AD%E3%81%AE%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E7%94%9F%E6%B4%BB/%E5%88%B6%E6%9C%8D/

父・英敏さんから「スポーツ選手になるから勉強はしなくていい」と言われていた新庄監督。

その言いつけを素直に守った結果、文字を読むのに時間がかかってしまったり、テストでいい点が取れなくなってしまうなど、学習障害を疑わせる状態になってしまった新庄監督でしたが、結局高校はその学力を使って入学することになりました。

〒834-0065 福岡県八女市亀甲61

新庄監督が一般入試で入学した西日本短大付属高校の偏差値は?

当時の偏差値と今の偏差値では開きがあるかも知れませんが、調べた結果は以下のとおりです。

学科偏差値
特進選抜51
特進看護・医療進学49
特進総合進学48
キャリア・ライセンス38
健康スポーツ38
保育・福祉進学38

こうやって見てみると、スポーツ関係の学科はあまり偏差値が高くないように思います。

https://twitter.com/beka85337/status/558162746601009152?s=20

ただ、名前を書けば入れるといったような偏差値でもありませんので、勉強が得意でない新庄監督もそれなりに努力をしたのかも知れません。

最後の夏の大会で大活躍!

引用元: https://www.iza.ne.jp/article/20211105-N2HS77CHWNJHPNQ2LGI7KEBL3M/

そんな新庄監督は、規律の厳しい寮生活にも耐え、チーム内でのし烈な競争にも勝ち抜き、見事最後の夏をレギュラーとして迎える事が出来ました。

1番・センターに定着した新庄監督はこの大会で大活躍を見せます。

4回戦の筑紫丘戦では、練習試合を含めて高校生活で初めてのサヨナラ安打を放ちます。そして順調に勝ち進んだ決勝戦。こちらも名門の福岡大大濠戦を迎えます。甲子園を懸けた重要な一戦で、新庄監督は大活躍を見せます。なんと、この大舞台で生涯初のサイクルヒットを達成するのです!

結局、チームは敗れてしまいましたが、のちに「毎日が日本シリーズなら打率4割は打てる」と豪語していた新庄監督らしく、高校生活で1番の大舞台で見事な活躍を見せたのでした。

ベテランスカウトから生涯唯一の肩・特Aの評価を受ける

新庄監督を担当したスカウト・横溝桂さん
引用元: https://www.jiji.com/jc/v?p=ziku-koushien_okayamahigasho_photo09
https://twitter.com/do_1llshdvfs516/status/950310066606845952?s=20

高校3年の夏の大会で大活躍を見せた新庄監督。


スポンサーリンク

実は夏の大会以前からプロ野球のスカウトから注目される存在となっておりました。

新庄監督は幼少期よりのファンであった巨人のスカウトから「3位以内には指名できる」とも伝えられており、期待に胸を膨らませてドラフト当日を迎えた新庄監督でしたが、実際に指名されたのはなんと巨人の宿敵である阪神タイガースでした。しかも5位での指名でした。

指名を受けられなかった際は九州産業大学への推薦入学も決まっており、親子共に悩んだ末に阪神への入団を決意しました。

そんな新庄監督を見出した阪神のスカウトを務めていたのは、横溝桂さんでした。

横溝さんは広島カープで14年間、選手として活躍しました。

横溝さんにはこれといって目立った才能がある訳ではありませんでしたが、ここ一番で神懸かった活躍を見せて、やたらと頼りになることから付いたあだ名が「(新聞の)見出しの横」でした。

後年、長嶋茂雄さんとも比較されるほどの勝負強さとスター性を誇った新庄監督をスカウトしたお方もこのような逸話をお持ちでいらっしゃるというのはなんとも興味深いものです。

そんな横溝さんは現役引退後、広島や阪神のコーチ・スカウト・編成として40年間従事しました。

そんな横溝さんは、選手の能力をB・A・特選Aで分けていました。特選Aを付ける選手はプロでもトップクラスで活躍できる選手ということになります。

そんな新庄選手の評価は「打力:B、走力:A、肩力:特選A」です。この肩力特選Aの評価を受けた高校生は、横溝さんの長いスカウト人生の中でも、新庄監督ただひとりとのことでした。

ベテランスカウトからそこまでの評価を受けられるのは本当に凄いと思います!

新庄 高校時代のエピソード~教師を暴行、プロ入りが消えかける

引用元: https://yumeijinhensachi.com/archives/3896

新庄監督を語る上で外すことの出来ないエピソードとして、教師を暴行した事件というのがあります。一見すると印象は悪いですが、このエピソードの中にも新庄監督らしさが現れていて、私は好きなエピソードです。

YouTubeより

プロ入りが決まっていた新庄監督は、学校でテストを受けていました。

新庄監督の前の席の女子が、テストが終わったという事で解答用紙の裏に絵を描いていました。

それを見つけた試験監督はその女子を殴打しました。今の時代では考えられない行為ですが、当時は教師による体罰は日常的に行われていました。

それでも絵を描くのを止めない女子を見て、試験監督はもう一度その女子を殴打しました。

見るに見かねた新庄監督は「次この子殴ったら、僕も先生を殴りますよ」と言いました。

そして試験監督が3度目の暴力を振るったタイミングで新庄監督は試験監督に馬乗りになりボコボコにしました。

新庄監督はたまたま見回りに来ていた野球部の監督に取り押さえられ、生徒指導室に連れて行かれました。

その場では「親を呼び出せ」と言われ、校長からは「お前は学校の恥だからプロには行かせない」と言われてしまいました。野球部の監督からは「プロが決まっているこの時期になんでこんな事をしてしまったんだ」と問い詰められます。

その時新庄監督の脳裏には、息子をプロ野球選手にさせるために必死になっていた父・英敏さんの姿が浮かびました。「あんなに2人で頑張って、ようやくプロ入りが決まったのに」と落ち込んでいると英敏さんがやってきました。

そして、事情を伝えられた英敏さんは一言「分かった。お前は間違っとらん。プロには行かんでいい」とキッパリと言いました。

やったことはいいことでは無いかも知れませんが、英敏さんは新庄監督の心根の部分は間違っていないと感じたのでしょう。

英敏さんは「人間としては成功してる」と言いました。お父さん良いこと言いますね、、、

そうしていると新庄監督がかばった女子がその場に現れました。

「違うんです、新庄くんは悪くないんです!」

少女の必死の呼びかけが功を奏したのか、新庄監督は無事に阪神への入団を果たし、プロ野球選手として歴史に名を残す存在となりました。

正義を貫いた新庄監督と、それを信じた英敏さん。守られた恩を感じて必死に訴えかける女子と、色んな人の純粋な思いが伝わってくるエピソードです。

ちなみに、殴られた試験監督はのちに「俺はあの新庄に殴られたんだぞ!」と笑顔で生徒に自慢していたとのこと(笑)

殴られて喜ぶ人たち

殴られたとしても、相手が有名人の場合、むしろ自慢になることはよくあります。

①現役時代、中日の宮下昌己投手がクロマティに殴られましたが、今、宮下昌己さんは「クロマティに殴られた男」を代名詞にご自身のお米屋さんの名刺にしています(笑)

https://ameblo.jp/naka-yotch670208/entry-12001595147.html

宮下昌己さんはクロマティさんとは今は仲良しです。クロマティチャンネルにも出演されています。

②猪木の闘魂ビンタ

小熊菜摘 ミス日芸コンテスト2017

殴られたことが思い出になる。

新庄監督に殴られた先生はよかったですね。新庄監督はさすがのスター性ですね。

新庄剛志のwiki経歴・プロフィール~小学校・中学校・高校 まとめ

いかがでしたでしょうか。

プロ野球界で偉大な功績を残した新庄監督の学生時代は、これまた漫画の主人公のようなエピソードに溢れていました。

素敵な出会いや試練もありましたが、新庄監督はそれら全てを持ち前の明るさで乗り越えていったのでしょう。

特に最後のエピソードは、新庄監督が周りからいかに信頼されていて好かれていたかが伝わるエピソードです。

これからも新庄監督は波乱万丈な人生を送っていくことかと思いますが、持ち前の明るさで乗り越えていってほしいですね。


スポンサーリンク

error: Content is protected !!