ゲイリー森脇のWiki経歴!一体、誰?何者なのか?なぜ小室圭を支援してるのか?

ゲイリー森脇と小室圭

スポンサーリンク

小室圭さん眞子さん夫婦を支えている「大物後見人」ゲイリー森脇氏とは誰?何者なのか?とネット上が騒然としています。ゲイリー森脇氏は弁護士です。経歴を詳しく調査しました!

https://twitter.com/aiksmlovelove/status/1478196801023152129?s=20

ゲイリー森脇 Wiki経歴

本名:森脇俊一
生年月日:1948年、マンハッタン生まれ
年齢:73歳
小学校:中学校:マンハッタンの公立校
高校:ブロンクス・サイエンス
仕事:弁護士。フォックス・ロスチャイルド弁護士事務所のパートナー。
住まい:ニューヨーク
肩書:ニューヨーク日系人会の会長
長野スペシャル・オリンピック実行委員
沖縄小林流空手6段
令和元年秋:叙勲で旭日小綬章

森脇俊一さんは右側です。

https://www.nyseikatsu.com/ny-news/01/2020/28163/

世界を支配するロスチャイルド系と仕事上のパートナー。

経歴に関しては、生い立ちが華やかだったってことはありませんが、弁護士になり、ニューヨーク日系人会長ですし、外務省、スーザン大沼氏とも交流があります。現在は華やかな経歴と言えるでしょう。

ニューヨーク日系人は全員、ゲイリー森脇さんを知ってるのでしょうね。

大谷翔平選手もゲイリー森脇さんにあいさつしている可能性がありますね。有名な日本人がアメリカで活動する際は、みんなゲイリー森脇さんにあいさつしていると思われます。

ゲイリー森脇さんなら、小室圭・眞子さん夫妻を援助できますね。

さろまん男
さろまん男

ゲイリー森脇さんはロスチャイルド系!僕も、ゲイリー森脇さんにごあいさつしたいなあ!

ゲイリー森脇さんの父親・母親は?

父親:父親は南カリフォルニア生まれ。両親と日本に戻るが、1938年にアメリカに戻った帰米2世。

母親:生粋の2世で、収容所の経験があり、また東洋人の差別を受け、死ぬまで怒りを消さなかったという。

ゲイリー森脇さんは「優れた教育を息子に」と、母に厳しく育てられた。

ゲイリー森脇さんはどのように小室圭・眞子夫妻を支えているのか?

 現地在住ジャーナリストの津山恵子氏はそう話す。

「おそらくNYの日本総領事館が助けに入っているのでしょう。この時間は地下鉄に乗ってはダメとか、この通りは危ないとか、生活の知恵を教えてあげているはずです」

 そうした“細やかなサポート”だけではなく、

「二人が暮らしているNYのヘルズキッチンという場所にある住居を探してきたのも、日本の外務省と総領事館だと聞いています」

 そう明かすNY日系人会関係者によると、まだ結婚前の小室圭さんに、さる「大物後見人」を引き合わせたのも外務省だという。

 それは、NY在住の日系人弁護士、ゲイリー森脇氏。NY日系人会で会長を務めた後、現在は名誉会長の座にある人物で、年齢は70代前半。19年には日米交流に貢献した、として旭日小綬章を受章している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7a44c068cdb38a20ed2a77c761b183b6c3d3a823?page=1

が、20年夏、ゲイリー森脇氏が“共同経営者”のような立場にある弁護士事務所で小室圭さんがインターンをしたことはすでに報じられている。さらに、先の日系人会関係者によると、

「小室圭さんは現在、ミッドタウン地区にある法律事務所で働いていますが、そこを紹介したのもゲイリーさんだと聞いています」

 日本を離れる前の会見で眞子さんは、「海外に拠点を作ってほしいと私が(小室圭さんに)お願いしました」と明かした。しかし、“拠点作り”の裏には、外務省の全面的なバックアップがあったのである。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7a44c068cdb38a20ed2a77c761b183b6c3d3a823?page=1

ゲイリー森脇さんが小室圭さんの法律事務所を紹介していますが、その事務所がLowenstein Sandler事務所です。コネであることは、既に知れ渡っています。

ゲイリー森脇さんが紹介した小室圭の法律事務所

ゲイリー森脇さんが斡旋したとされるLowenstein Sandler LLPの場所

マンハッタンの超一等地!エンパイアステートビルの近く。

ゲイリー森脇さんは小室圭・眞子夫妻を全面支援

「総領事館がバックアップする一環として、ゲイリーさんを小室さんたちに紹介するようなことはあったのだろうと思います。叙勲もされていますから、総領事館とのつながりもありますし、日系人会のボスとして地位も人脈も申し分ない。今後、眞子さんの就職についても手を差し伸べる可能性があると思います」

 皇室ジャーナリストの神田秀一氏の話。

「そもそも、すでに私人となっている眞子さんたちのお世話をなぜ外務省がしているのかといえば、小室圭さんの生活基盤が安定しているとは言い難いからです。司法試験に落ちてしまって、今後どうなるか分からない。外務省としては“早く安心させてくれよ”という感じではないでしょうか」

https://news.yahoo.co.jp/articles/7a44c068cdb38a20ed2a77c761b183b6c3d3a823?page=2

眞子さんの就職支援もする可能性があります。

なぜゲイリー森脇さんは小室圭を支援しているのか?

ゲイリー森脇さんはやりたくてやってるのか?

それとも、外務省・総領事館から「よろしく頼む」と言われて、仕方なくしぶしぶ面倒を見ているのか?興味深かったですが、ここに来て、雲行きが変わってきました。

小室圭夫妻のタニマチになりたかったNY日系コミュニティ

最初は、ニューヨーク(NY)日系コニュニティの人たちは小室圭夫妻に期待していたと言います。

「まずNYでの新居を探したのが、後援者である不動産会社関係者でした。また昨年9月に小室さんが帰国した際にも、現地の旅行会社が飛行機やホテルの手配をしていますが、そのトップも後援者です」

なぜ彼らは小室さんの支援を買って出たのか。NY在住の日系人はこう語る。


スポンサーリンク

「アメリカには王室がありませんから、日本在住の人たちが想像するよりも、ロイヤルファミリーへのあこがれが強いのです。 また日系人会は、新年会や敬老会など、季節ごとにパーティを催しています。そこに元プリンセスやそのご主人が参加してくれれば、パーティ自体も盛況になるでしょうし、日系人の結束力も高まるのではないかと期待していました」

https://jisin.jp/domestic/2079517/2/

NY日系人がこぞって小室圭夫妻に近寄り、小室圭夫妻もその申し入れを受けていました。

お金に余裕のある社長が芸能人、プロ野球選手、力士を連れて、接待したり色んな面倒を見ることはよくあります。それに似ています。

スポーツ選手はいくらでもいますが、「皇室」というブランドはなかなかないですからね。小室圭夫妻と仲良くなって一緒に写真を撮ってそれを会社のHPに貼れば広告になります。

小室圭夫妻がパーティーに参加でもしてくれたら、主催者の株は一気に上がります。小室圭夫妻におごった飛行機代、マンション代なんて簡単に元を取れます。

「広告料」のようなものですね。

よくある「タニマチ」と同じです。

小室眞子さんをパーティーに誘ったが返事なし

日系コミュニティは小室眞子さんをパーティーに誘ったが、連絡がないと言います。

「会合への参加を打診しても返信がないのです。それどころか、おもだった後援者たちが少人数での朝食会に誘っても、ずっと顔を見せません。

“皇室ブランドを利用されないように”と、くぎを刺されているのかもしれません。それにしても、新居探しなどを協力した人たちなどに対しては、グリーティングカードの1枚ぐらい出してもよいのではないかと思うのですが……。

『自分たちは尽くしてもらって当然、と考えているのでは』といった不信感を漏らす人もいます」(前出・NY在住の日系人)

“総スカン状態”になってしまったきっかけは、昨年12月の眞子さんの報道だったという。 「23日にキャロライン・ケネディ宅のあるマンションを訪問する姿を『デイリー・メール』がキャッチしています。おそらくクリスマス会に招待されたのでしょう。

それまでは『引っ越してきたばかりでお忙しいのでは』と、擁護していた人たちも、『私たちは相手にもされていないのか……』と、気持ちが冷めてしまいました」(前出・NY在住の日系人)

https://jisin.jp/domestic/2079517/3/

「皇室ブランドを利用されないように」とパパ・ママから言われている可能性はあります。

小室圭夫妻本人たちも利用されるのはいい気持ちはしないでしょう。

しかし、お金を出してもらっている以上、ゲイリー森脇さん他、お世話になっている人たちに恩恵を与えなかったら成り立ちません。

小室圭・眞子さんたちは世間知らずなのかもしれません。「してもらって当然」なわけはないのですから。

さらに、日系人には反応が悪いのに、キャロライン・ケネディ宅のクリスマス会には参加したということです。

これでは、日系人たちが呆れてこれから援助してもらえなくなるのも納得です。

ゲイリー森脇さんは今後も支援するのか?

そっぽを向く可能性があると言います。

試験のために小室さんを指導してくれたゲイリー森脇氏でさえも”彼の今後についてはもう私は関係ない”というスタンスを見せ始めているそうです。

女性自身

2022年4月に司法試験の合格発表があると言いますが、小室圭さんは受かるのか?

また落ちたらどうするのか?

ゲイリー森脇さんはどうするのか?

実に興味深いです。

森美樹夫NY総領事と秋篠宮の関係

ついに、眞子さんのお父さん(秋篠宮)が出てきました。

さらに宮内庁関係者によれば、ここにきてまさかの援軍が現れたという。

「なんと、秋篠宮さまが小室さんの全面支援に乗り出しているのです。1月27日、秋篠宮さまはニューヨーク総領事に就任した森美樹夫氏と面会しています。外務省で中東アフリカ局アフリカ部長などを歴任した森氏は、秋篠宮ご夫妻とは長年の親交があります。 総領事クラスの人物が赴任前に秋篠宮さまに面会しに来るのは異例のこと。このタイミングでの接見は、秋篠宮さまから『ニューヨークにいる娘夫婦のことをよろしく』という要請があったとみて間違いないでしょう」

前出のニューヨーク日本人会関係者も「新総領事は眞子さんとも面識があると聞いています。小室夫妻に何かあったときにも素早く対応できるよう、外務省が配慮したのでしょう」と語る。

大物日系人弁護士に、新ニューヨーク総領事、そして“義父”の秋篠宮さま――。小室さんにとってまさに“最強応援団”といえる布陣だ。

これまで秋篠宮さまといえば、小室さんへの不信感をあらわにしてきた。昨年11月の会見でも、小室さんのことを「娘の夫」と呼び、かたくなに名前を呼ばれなかったほど。なぜ、小室さんのサポートにかじを切ったのだろうか。

「秋篠宮さまは、眞子さんと小室さんの結婚にずっと反対されてきました。ただ、結婚が成立してしまった以上は、眞子さんの新婚生活を応援するほかありません。眞子さんは皇籍離脱に伴って受け取るはずだった1億円超の一時金を辞退してしまい、ニューヨークでの仕事も決まっていないため、小室さんに高収入を稼いでもらう必要があるのです。

https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/jisin/nation/jisin-https_jisin.jp_p_2065918

ゲイリー森脇さんにも頼みつつ、森美樹夫NY総領事館にも「娘をよろしく」と頼んでいると言います。お父さんは娘が心配なのは無理はありません。無職の旦那を選んでしまったばかりに。

また、小室さんが仮に弁護士になれなかった場合、皇室との縁に目をつけた日本企業が小室さんを雇おうとする可能性が大いにあります。秋篠宮さまとしてはそういった形で皇室が“利用”されることだけは避けなければなりません。

それゆえ秋篠宮さまは、愛する眞子さんのため、そして皇室のためにも、小室さんの弁護士への道を全面的に支援することを決心されたのでしょう」(前出・宮内庁関係者) 万全の態勢で2度目の弁護士試験に臨む小室圭さん。眞子さん、そして秋篠宮さまの期待に応えて今度こそ合格を勝ち取ることはできるのか――。

https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/jisin/nation/jisin-https_jisin.jp_p_2065918

小室さんが弁護士試験をまた落ちた場合、日本企業が小室さんを雇おうとする動きがあると言いますが、その際は雇ってもらうべきでしょう。

もともと、小室さんは三菱JFJ銀行に勤めていましたし、元に戻ったっていいじゃないですか。

税金で小室夫妻を食わすのではなく、小室夫妻は日本企業に戻るでもなんでも就職して自力で生活しないといけません。

生活費の高いニューヨークに住んではいられないでしょう。合格発表が気になります。

ネット上の声

なぜただの一般人を外務省や領事館がサポートしているのか疑問に感じますね。税金を使ってやっているなら主権者である国民への説明責任と国民の了承が必要だと思いますが。国益にそぐわないことをこっそりやるなら組織の抜本的な見直しが必要だと考えます。

なぜそこまで?ほんとに、やめてほしい
自分で出ていったのだから、どんな生活しようと自分に責任がある。

どんなに批判を浴びても
結局、一生安泰ってことだよね
日本人みんな労働意欲なくすわ

ゲイリーが
なぜここまでダースベイダーを
サポートしないといけない?
まこぷぅ経由で何かキックバック
でもあるのか?

税金に頼っているのに
国民を恨んでいるような会見をしたのが、この人達。
あの会見はこれからは一切税金に頼らないから、黙れという印象でしたが。


スポンサーリンク

error: Content is protected !!