白井球審の年収・経歴は?誤審・評判を時系列まとめてみた

白井球審 佐々木朗希投手と松川捕手

スポンサーリンク

佐々木朗希投手に詰め寄って以来、レアードにも退場宣告、今話題になっている白井一行審判員。

そんな白井球審は年収いくらなのか?経歴は?本当の評判はどうなのか?

さらに、気になったので誤審・きわどい判定を調べて時系列でまとめてみました!

白井球審の年収

プロ野球名鑑にはプロ野球選手の年収が書いてありますが、審判員には年収が書いてありません。そこで一軍審判員の年収を調べました。

私は2006~7年にプロ野球審判員と何度かお酒を飲む機会があり、当時30歳くらいの審判員と年収の話になり、年収を聞いてみました。

40歳の主任の審判員が800万円ほど。部長で1500万円。30歳で500万円ほどという話を聞きました。

年収=基本給+出場手当ですね。

出場手当の内訳はこのとおりです。

球審3.4万円
塁審2.4万円
控え7000円
二軍の試合2000円
https://spojoba.com/articles/567

審判員は5人1クルー(球審、1塁、2塁、3塁、控え)になって移動します。

白井球審の場合。年間143試合とすると、

143÷5=29試合

球審29試合986,000
1塁29試合696,000
2塁29試合696,000
3塁29試合696,000
控え29試合203,000
合計145試合3,277,000
雨天中止もあるので145試合としておく

とすると、基本給は

年齢基本給出場手当合計
30歳172万3,277,000500万
40歳472万3,277,000800万
55歳部長1,172万3,277,0001500万

という計算になります。

この計算によると、白井球審(45歳)の年収は約1000万円と推測できます。

審判員は個人事業主。1年契約の年俸制です。退職勧告をされることもあります。厳しい世界です。

https://www.bilibili.com/video/BV1ob41117Ab/

なお、シーズンオフは副業することが認められています。審判講習会や執筆で副業する人も多いです。

白井球審の経歴

生年月日:1977年10月3日
身長:1m77cm
体重:80kg
明石高 – 甲賀総合科学専門学校
1997年2月1日入局 (26年目)
日本シリーズ:2014,2016,2018,2021
オールスター:2007,2014
CS:2011~2019、2021
※日本シリーズ、オールスター、CSに出るのは名誉です。審判として評価が高いから出場できます。

ただ、審判員は目立たないのがよい審判員と言われます。試合が終わって「あれ、いたの?」と思われるような存在がよいのです。

誤審したり、理不尽な退場者を出すと「あの審判は誰だ」とチーム、観客から言われます。

ナイスジャッジをしても目立たないのが審判で報われない部分はあるのですが、よくない話で評判になってしまうのは、少々問題があると言わざるを得ません。

白井球審の誤審・きわどい球 時系列まとめ

2022年5月15日 白井球審とレアード(誤審ではない)

物事にはなんでも伏線があるものです。レアードの三振の前の球。レアードは不服そうでした。三振の球はその球よりちょっとだけ低いボールでした。

この件に関しては、2球目はストライクともボールとも取れる球に見えます。三振の球はストライクです。

前日に井口監督を退場にしたり、過去にも退場にさせていることもあり、ロッテは白井球審に不信感を抱いていることから来ていると推測されます。

2022年5月14日 白井球審とエチェバリア。井口監督が退場

白井球審ではなく福家英登(ふけ ひでと)球審(33歳)ですが、レアードの審判員に対する不信感と思われる件。

しかも、エチェバリアはクソボールをストライク判定され気の毒でした。

これは低すぎる。(表示をクリックすると中身を見られます)

2018年4月12日 白井球審とメッセンジャー 阪神対広島

おおむね白井球審の判定は正しかったが、大事な所で「えっ!」という判定。これにメッセンジャーが切れました。

選手に信頼されない審判は存在としてまずいんですよね。いちいち試合進行が止まってしまうんです。

私たちファンが見ても「へ?」と思う判定がありました。それが大事な所で起こるのがまずいです。白井球審は結果として、こういうケースを蓄積して行ったので、名前を知られる審判になりました。

権限を行使しすぎたと思います。

2013年5月 白井球審と栗山監督

これは一瞬のことで白井球審と言えど見えなかったはず。わかりにくかったはず。

YouTubeより

打者の浅井がファールのような顔をしているのに白井球審がデッドボール判定をしてしまった。

これを押し通した白井球審、この頃からよくない意味で目立つ存在になってしまった。

白井球審の表情も鬼気迫るものがあり、当時から、佐々木朗希投手にすごむ布石となっていた気がします。

2013年4月17日 白井球審と中畑清監督

アウト・セーフでもめた件。今ならリクエストできますが、当時はリクエスト制度はありませんでした。

YouTubeより

中畑清監督が白井球審に体当たり。本気で抗議する様子はおもしろかったが、リプレー検証がなかったのでもんもんとしましたね。

中畑監督も熱くなってるから仕方ない部分もありましたが、白井球審はすぐに退場宣告をするから理解を得にくい部分はありました。

2012年4月6日 白井球審と楽天山崎武司

これを見てみると興味深いです。2ストライク目は明らかに低すぎる球をストライク判定。

YouTubeより

そして、最後、内角のボール球をストライクスリー判定。この球は明らかにボールだった。

「俺に従わないとこうなるんだ」というジャッジでした。(一時代前はSNSがなかったし、これがまかり通っていました)

山﨑選手は退場宣告されました。

2010年8月10日 白井球審と平田二軍監督「何やその不貞腐れた態度は!」「クソボールやないか!」

白井球審がキレた、不貞腐れた表情をしたことで有名な一件。平田二軍監督のいうことがごもっとも。


スポンサーリンク

「意地になって(ストライクを)取っちゃあだめだよ、意地になって取っちゃあ!」

「なにを言ってるんですか。クソボールやないか!」

「なんやその不貞腐れた態度は!」

当時33歳だった白井球審に平田勝男二軍監督が指導する形になりました。白井球審も心の中では「やってしまった」と思っていたような、だけど認めるわけにいかないという振る舞いです。

この言われようをしましたが、退場宣告しませんでした。

低目ボールなのですが、キャッチャーミットが下に下がってしまっている、ビタ止めできなかったこともこの一件に拍車をかけました。

白井球審の騒動におけるみんなの声

ロッテがちょっとイライラしてるかな。白井球審は時の人になってるよね。白井審判員が発表されると拍手が起こる。(レアードの件に関して)俺は白井球審は全然悪くないと思う。これだけネットでも話題になってしまってるからローテーションを変える。ロッテ戦ではずらすとかしてもいいと思う。高木豊さん

佐々木朗希投手の日の判定はストライクともボールとも取れる判定、あれは問題ない。あくまで妄想だが、佐々木朗希騒動の前に伏線があって以前から「そういう態度はよくない。注意しなくてはいけない」と思っていたかもしれない。いずれにしても、投手が判定に不満な態度を出して得なことは何もない。審判だって人間だからね。言い方の問題はある。里崎智也さん

佐々木が2,3歩前に出てニヤッと笑ったのがバカにされたと白井審判が感じてしまった、思い込みの強さじゃないかな。球審のとるべき態度ではなかった。あの日の白井審判はストライクをボールと言ったケースが結構あったんだ。(相手投手の)オリックス山崎投手の場合にもあった。お互いにあったんだ。(佐々木朗希が)「あれがボールなのかよ」とあきれた感じに(白井球審に)取られたのかな。しこりは今後も残るよ。人間執念深いもん。あの時、白井球審は毅然たる態度を取ってそこに居座ることが最善の策だったと思うよ。ブチ切れては試合を運んでいく審判としては短気すぎたんじゃないかな。落合博満さん

白井球審 アーイ!なぜあそこまで大きな声を出すのか?

説得力が出るからと言っていました。

大きな声を出すには姿勢を正しくするとのことでした。

さらにこだわりがありました。ストライクの手の形が”K”なのです。このKは三振を意味します。

白井球審 ほっこりするところ!実はAKBファン!

白井球審は実はAKB48のファンです。AKBの講演を見に行った時、Kの形を作っていたので、ストライクの時「K」にしてみたというのです!

プロ審判員は魅せることも仕事のうちです。白井球審の手「K」の意味がAKBのメンバーがKの文字を作っていたからとは驚きですね!

捕手がよろけたところを支えてあげてる動画もありました。やさしさ部分もありますね!

佐々木朗希投手に詰め寄った時の表情はとても怖かったですが、やっぱり人間ですね、AKBのファンだなんて人間味がありますね!こういう人情味を部分を知ると、応援したくなりますね。

白井球審の技術がすごい!

2018年8月30日阪神対ヤクルト戦。1死2,3塁の場面。

センターフライを打ち上げ2アウト。2塁走者、3塁走者がタッチアップ。3塁で2塁走者がタッチアウトをさばいた件。

3塁走者が本塁にかえっていましたが、この時タイムプレーが起きました。3塁のタッチアウトと本塁生還どっちが早かったか?です。ホーム生還のほうが早ければ得点が入る大事な場面でした。

白井球審は2つのことをちゃんと見ていました。

1.センターの捕球と3塁走者のスタートのタイミング。

2.本塁と3塁どっちのプレーが先だったか?3塁タッチアウトが先だったことをちゃんと見ていました!

これ両方確認するのは難しいです!これをちゃんと見ていた白井球審の技術はすごいです!

白井球審は審判員たちからの評判はとてもいいのですが、それがわかる一件でした。

こういうファインプレーはファンから評価されにくいですね!

白井球審は名前が挙がるまでになってしまったので、なにかあると「やめろ」とTwitterに上がってしまうのですが、こういう技術も広まったら信頼されてきて、ファンの間の評判も上がると思います。

白井球審の年収・経歴は?誤審・評判を時系列まとめ

白井球審の年収は約1000万円+シーズンオフの副業。

審判員は全部で55人しかいません。一軍の試合、ファームの試合もありますが、人数が足りないので、二軍の試合は3人制になることもあります。

さらに、かなり厳しいタイトな一日。

白井球審はじめ審判員の方々はがんばっています。少なくとも野球が大好き、プロ野球の中で仕事ができると喜んで審判員をしている人たちです。

判定に関しては人間がやることなのでいろいろありますが、審判員を応援していきたいと思いました!


スポンサーリンク

error: Content is protected !!