木下富美子都議はなぜ辞職しようとしなかったのか?都議の年収・冬のボーナスはいくら?

木下富美子 収入 年収

スポンサーリンク

お騒がせ中の木下富美子さん。7回も無免許運転をして、事故を起こし、秘密にして2021年7月に東京都議会選挙に当選。無免許事故が発覚して以来、のれんに腕押しな対応で逃げ回っていましたが、ついに辞職会見をしました。

都知事も説得したとのことでしたね。辞めるまで長かったです。

なぜ木下ふみこ都議は辞職しようとしなかったのか?都議の年収・冬のボーナスはいくらなのか?調査しました。

https://twitter.com/Amuayumi/status/1457928966124171266?s=20

これだけ騒がれているのに、木下ふみこ都議はなぜ辞職しないのか?なぜ辞めさせることができないのか?を調査しました。

木下ふみこ都議 2021年11月現在 時系列まとめ

2021年7月2日板橋区高島平3丁目の交差点で無免許で車をバックさせ衝突事故。
7月4日東京都議会議員選挙(板橋区)で都民ファーストの会から当選
7月5日無免許事故の報道。木下ふみこ除名処分
7月23日1度目の辞職勧告決議が全会一致で決議。
9月4日木下が当選後1度も公の場に姿を見せていないこと。
1人会派(SDGs東京)控室のラックが未回収の郵便物・配布資料で山積みになっていること。
木下に議員報酬81万7600円
政務活動費50万円が2か月分
計約264万円が支払われたことを東京新聞が報じた。
9月17日木下が警視庁に書類送検される
9月28日都議会は木下に対する2度目の辞職勧告決議案。全会一致で可決。
木下は同日、ホームページにて議員継続を表明
10月4日木下に召喚状が出される。
10月14日2度目の召喚状
11月5日3度目の召喚状
11月9日木下は再選後初登庁。議員辞職を改めて否定。「続けてほしい」って声聞いたことないと板橋区民もお怒りに。
11月19日道路交通法違反の罪で在宅起訴
12月1日木下は12/1に都議に在籍してると、期末手当204万5022円がもらえる

事故発覚後の報酬527万400円。4か月分支払い済!

木下ふみこ都議の冬のボーナスはいくら?
204万5022円です!

堂々と「居座り」がまかり通る理由

都議会は、木下氏に手を焼いてきた。悪質な交通違反に加え、議会を長期欠席して都議会の信用を毀損(きそん)しているが、議員辞職勧告決議を突き付けても法的拘束力はない。

夕刊フジ

その理由は、今の法律が行き届いていないからです。法的に辞職させることができないので、「居座る」ことができるのです。

会社も同じですね。使えない社員を退職させるのは相当の困難。周りから白い目で見られたとしても、「居座る」ことで給料をもらい続けることができる図になっているのです。

地方自治法第137条の「除名」を含めた懲罰についても、議長が出す「召喚状」に木下氏が3回目で応じたことで、「除名する理由はほぼなくなった」(議会関係者)という。

夕刊フジ

ただ機械的に3回目に召喚に応じたから、現行法だとそれでOKなのです。

これには多くの一般人が怒っています。

どうすれば木下ふみこは都議を辞めるのか

在職1日で当月分100万円の文書通信交通滞在費を寄付することにした大阪維新の会。

国民民主党玉木代表、立憲民主小西ひろゆき議員たちから賛同の声が挙がっています。このように、もらえる権利であってもおかしいことは、政治家自身が返納(寄付)する方向に向かっています。

リコールの準備を始めていると言います。


スポンサーリンク

木下氏の地元、板橋区民の有志らでつくる「日本の民主主義と公平な選挙を守る会」は9日、「都議として仕事がしたいならば、いったん辞職し、けじめをつけるべきだ」との抗議文を提出した。

同会は今後、地方自治法第80条などを踏まえ、リコール運動の準備を始めるという。リコールは議員当選から1年以内はできないが、来年7月以降、板橋区の有権者約47万5000人の3分の1を上回る署名を集めれば住民投票ができ、過半数が同意すれば木下氏は失職する。

自民党若手の板橋区議は「今後、党を支援する業界団体や全町内会に声をかけ、賛同を求めたい」と語った。板橋区選出の立憲民主党の宮瀬英治都議も「住民の声を代弁する立場として協力したい」と語った。

夕刊フジ

当選して1年は解職できないのですが、無免許事故を知らされずに投票してしまった板橋区民はやり切れないでしょう。木下ふみこも重大な事実を隠して選挙に臨んだことになります。

2022年7月に署名が集まり、リコールされる可能性が高いです。これを機に法律も改正されそうですね。

都議を続けると、木下ふみこはいくら稼げるのか?

都議を続けると、4年で8000万円の報酬。血税8000万円が木下ふみこ都議に支払われることは都民、板橋区民は許さないでしょう。

都議会議員の年収

都議の年収政務活動費合計
1,3726001,972
単位:万円

木下ふみこ都議は、都民に支持されないまま、年収1,972万円を稼ぐことになります。

任期の4年間、居座ったら、なんと約8,000万円!

東京都民の血税8,000万円が木下ふみこの銀行口座に自動的に振り込まれるのです!

8,000万円も無料で稼げるなら、誰からなんと言われようと、法律で守られますし、都議に居座り続けるのもわかりますね!

木下ふみこ都議はなぜ辞職しないのか?まとめ

4年で約8,000万円稼げるわけで、法律上も強制辞職させられませんから、辞めないと推測されます。

都議選挙に当選した時も、重大な事実が隠されていましたし、公序良俗に反します。木下ふみこ都議は今後も責め続けられることでしょう。

ただ、娘さんがいると言います。娘さんは職場(大学)、友達からも白い目で見られていることは間違いありません。

木下ふみこ都議はそこまでして都議で居続けたいか?

もしかしたら、ここまで言われてもしがみつくのには理由があるのかもしれません。家族が病気していてお金がかかるとか。。。

今後が気になりますね。

木下富美子 独身 離婚 子供は?

スポンサーリンク

error: Content is protected !!