学校へ行こう 癒し系ミュージシャンがおもしろい!ミック・OK伊東・ヒットマンブギウギバンド


スポンサーリンク

バラエティ番組『学校へ行こう』の大人気コーナー。癖強&曲者だけど、ちょっぴり癒される?笑える?『癒し系ミュージシャン』4組を紹介します!!

大人気だった癒し系ミュージシャン!

私が小学生(高学年)のころに見ていたバラエティ番組「学校へ行こう」で人気があった、『癒し系ミュージシャン』たちの存在をご存知でしょうか?

放送されていたのは、2000年4月~2001年3月の約1年間。番組の歴史からみて、そんなに期間は長くはないですが、全国の何らかの理由で傷ついた人々を音楽によって癒してくれる?ミュージシャンを発掘する大人気コーナーで、素人さんの参加がメインの企画でした。

カーテンもしくは扉が開いたら歌い出して、歌いきれたら成功。NGポイントがたまってしまってカーテンもしくは扉が閉まってしまったら強制終了になってしまうといった細工もありました。

さろまん男
さろまん男

「あ1,あ2,あ1、2、3、4!」と言って歌う前からブシュー!と煙が出て強制終了が笑ったなあ笑

歌い切れて人気が出る人、歌いきれないのが逆に面白くて人気が出た人、様々ですが共通していたのは、そんなクセツヨコーナーに応募してくるのは必ず普通じゃない強者たち。笑
そのため、素人ながら、一人ひとりのキャラがものすごく濃かったのです!

ちなみに癒し系ミュージシャンの『癒す』というのは、言葉本来の意味の他にプラスして、『笑わせる』『笑われる』という意味も含まれているそうで、本格的な癒しというよりは、『お笑い要素』が満点だった、(まあ番組の色的に、本格的な癒しなわけいですがw)当時とても人気を博したコーナーです。

人は笑うと良いと言われているのである意味、癒し系なのかもしれません。

最近、学校へいこうの再放送をするとかしないとか、をネットニュースで見たのをきっかけに、懐かしいなあと。
YouTubeで『学校へ行こう』の過去の放送を探し、手当たり次第に見ていたらとても懐かしく、そして大人になった今でも、クスっと笑ってしまうネタがありました^^♪

この記事では、進行役だったジャンボリー兄弟、そしてコーナーで主に活躍したであろう主な3組、合わせて下記の4組を紹介していきたいと思います!!

① ジャンボリー兄弟(進行役)
② ミック入来
③ OK伊東
④ ヒットマンブギウギバンド

もう名前だけでも癖が強そうですね~。(笑
それでは早速、紹介していきます!!

ジャンボリー兄弟

癒し系ミュージシャンのコーナーで進行役だったジャンボリー兄弟

学校へ行こう。ジャンボリー兄弟

V6のメンバーの2人で構成されているのですが、イノッチこと井ノ原快彦が『ジャンボリー井ノ原』、岡田くんこと岡田准一が『ペンション岡田』という架空の兄弟設定でこのコーナーの為だけに組んだ番組内のユニット?です。
ミュージシャン?設定ということもあってそれっぽい服装してますね~笑

兄弟なので兄と弟がいますが、イノッチが兄、岡田君が弟の設定です。
そのため、岡田君がイノッチのこと、『にいちゃん!!』っていう場面が多々あるのですが、それがとても可愛く面白いので、私の友達にV6のガチファンがいるのですが、その『にいちゃん』予備がたまらない瞬間だったみたいです。笑

ジャンボリー兄弟の歌

ミュージシャン発掘のコーナーの進行役なので、ジャンボリー兄弟にも一応「持ち歌」はあります。いくつかあるんですが、ネット上でも人気だったものを紹介したいと思います!
歌の題名は『私の彼』。それでは見てみましょう~!

イノッチ『お前だけだと言ってくれたのに~♪』
ジャンボリー兄弟

イノッチ『私と仕事のどっちが大事?~♪』
岡田くん『仕事~♪!!ww』
ジャンボリー兄弟
仕事かいw

ハモリ『料理も練習したのに』
ジャンボリー兄弟

イノッチ『私とパチンコどっちが大事?~♪』
岡田くん『パチンコ~♪!!ww』

彼氏めっちゃクズww
せめて料理はおいしいと言ってあげて欲しい(誰)

イノッチ『胸キュン~♪ シンドバッド~♪』

(ちなみにシンドバットはアラビア語で『インドの風』だそうです。
直訳すると『胸キュンなインドの風』。意味不明w)

イノッチ『癒しのキス ブチュ ブチュ  I WANT YOU~ ~♪』

ハモリ『ブチュ ブチュ  I WANT YOU~~♪』

ぶちゅぶちゅ あいをんちゅー?~♪w

まあ、胸キュンなインドの風とかぶちゅぶちゅ あいをんちゅーとか、まじで歌詞は意味不明ですがゴロが良いので歌いやすいんですよね^^;;w
口ずさみやすい歌は子供が歌いやすいので一気に人気になりますよね。そのためか、この歌は結構人気でしたね。

まあ癒されるかどうかは人それぞれ?というか、別として・・・w 二人が楽しそうに歌っているのはかわいいので是非、この歌は動画で見てみることをお勧めします^^!!

現在のイノッチと岡田君

ここに書くまでもなく、それぞれ活躍していますが、それにしてもやっぱり現在と比べると、若いですね。
当時20代か30代前半とかだと思いますが、その年齢だからできるノリとテンションだからこそ面白かったのかもしれません。
現在、イノッチも岡田君も良い感じに年齢を重ねていて、バラエティよりも俳優で活躍しているイメージですよね。二人ともとても渋く、でも優しいとてもいい表情をしている気がします!(上からw)
当時と同じことを今の二人がやっても、あの面白さに勝てない気がします(褒めてますw)
とはいうものの、もし番組が復活するような機会があって、癒し系ミュージシャンのコーナーも復活するような事があれば、今のイノッチと岡田君でジャンボリー兄弟見てみたい気もします♪

さて、続いて二人目は・・・

ミック入来

学校へ行こう ミック入来
続いては、癒し系ミュージシャンのコーナーで大人気だったけど、番組史上一番苦情が来たらしいミック入来さんの紹介です!笑

なぜ苦情がきたかはこれから紹介するネタを見ればわかると思いますが、当時の大人たちからみたら教育によくなさそうな歌詞だからですw

さっそくみ見てみましょう!題名は『みんなに助言!』
ミック入来、苦情
こんな癖ツヨおじさんからもらえる助言・・楽しみすぎるw

『こうなったら・・・こうなったら・・・学校なんかぶっこわしちゃえー!!』

これは完全にめっちゃ雑な尾〇豊www

『ついでに・・・校長のヅラ取っちゃえー!!』

全然ついでじゃないw

(そして余談ですが、校長先生=剥げていてヅラ この設定は時代を感じてしまうw
現代は、校長先生でも若い先生結構います。笑

『やりたいことを やりたい恰好で~♪』

おお。なんかいいこと言いそうな予感です。。。
制服脱ぎ捨てて自由だ!的な感じの・・・

『そいつがとても気持ちい・・・』ブシュー!!

????どういうことww
とびら閉められて強制終了させられてるwww
こういう終わり方、結構じわってきちゃうんですよね・・・

歌の題名が誇大広告な件wこれのどこが助言なのかw
内容は確かに面白いですけど、まともではないので(失礼w)、親御さんが見せなくない気持ちも多少理解してあげないといけないかもしれませんね^^;w

思春期って善悪の判断が付かないことが多々あって、後先考えずその場のテンションとノリでこういうのに乗せられてやっちゃいました!なんてよくあることですからね(耳が痛い)
普通に見る分には面白いんですけどねww

ミック入来の現在

あれから20年近くたって、そんなハチャメチャな彼の近況はどうなっているのか?
気になって調べてみたところ。比較的最近の画像をたまたま見つけたのですが・・・

優勝だぜベイベーwう~ん相変わらずお元気でww

無事に優勝?できたなのでしょうか・・続きがわからないので知りようがないですが、たぶん優勝してなさそう。w
・・・してないからこそ彼の面白さは生きるんだと信じていますw
そして謎のブロッコリー天国!!(笑) ほんと相変わらずしょーもないのが面白すぎますね・・・!!

2021年、興味深いミック入来さんの動画を発券しました。アラ還です!

ミック入来さん、番組が終わってからも、ちらほらメディア活動はしている様子で、元気そうな姿を拝見できて本当に良かったですし、引き続き癒しと笑いをを 提供しようと頑張ってました^^w
これからもお元気で頑張っていただきたいですね~。学校へ行こう2021にも出演してほしいです!

それでは3人目いきましょう~

OK伊東

OK伊東
これはこの4組の中でもかなり強烈な印象のあるOK伊東さんw


スポンサーリンク

イラっとするけど憎めない、イラっとするけど何故か見てしまう、不思議な魅力を持っているんですよね。
そして地味に歌がちゃんと上手いところも、少し腹が立つポイントw
私みたいな意見の人が多かったのか、結構ファンが多かった気がします。

そんな彼のネタを紹介したいと思います^^♪
彼の歌の特徴は『語尾』です。ぜひ注目してご覧ください!!w

『君出会えたチャーンスゥー!!』
癒し系ミュージシャン OK伊東

癖ツヨ語尾の始まりw

『目と目が合えばロマンスゥー!!』
OK伊東

たぶん勘違いw

『ダンスゥー!! バカンスゥー!!』

顔芸がすごいwww
すうーって吸い込まれちゃいそう

『キッスゥー』

まるでキッスゥーできたかのような満足げな顔がジワリますw
キッスゥーと同様、なんかこう吸い込まれる感じになりますw

『イエーイ♡』(OK伊東の名セリフ 笑)

イエーイwwww

『OKベイビー!』(これもOK伊東の名セリフ 笑)
OK伊東の名セリフ
たぶんOKではないwww

いやー・・めっちゃ強烈ですよね。。(笑)
これは癒し?なんだろうか賛否両論ありそうな予感ww 見た目は普通の好青年っぽいんですが、歌と顔芸が癖があってはまっちゃいますね~。

ちなみに、OK伊東さんを初めてみたとき、もちろん面白かったのですが、子供ながらに『これはやばい人だ!』と思いました。(失礼w)

独特な雰囲気に勢いをつける独特な語尾伸ばし・・。そして油断しているところに最後のイエーイ♡で完全に持ってかれるんですよね。OKベイビーも全然こちら側はOKではないというジワリスポットw

そんなOK伊東さんの現在ですが、2015年の学校へいこうの復活版で、OK伊東さんは少しだけ出演していました。
見た感じそんなに大きく変わった感じは見受けられませんでしたね。(褒めていますよ。(笑))

しかしそれからもう5年以上も月日は経過してしまっているので、現在のOK伊東さんを調べてみましたが、何をしているかも調べても出てこず。。一般人として幸せでいて、かつ今も元気に歌っていると良いですね~^^♪
学校へ行こう2021秋で、出演してくれたら嬉しいです!!

そして最後に紹介するのはこの二人組・・・

ヒットマンブギウギバンド

ヒットマンブギウギバンド
こちらの二人組も本当に人気があったんですよ。
黒いスーツに黒いサングラスをかけて、スパイのような恰好で、ダウンタウンブギウギバンドというバンドの『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』の替え歌をうたっていました。

癒し系ミュージシャンの中でも先述した人たちと肩を並べるくらい人気があったんです!ただ、残何ながら出演当時の動画を血眼になって探したんですが見つからず・・・(´;ω;`) かろうじて見つけた歌詞の一部を使って頑張って書いていきます!

今回紹介するのは『2組の花子』です。

『先生!花子のやつバイト クビになったのに』

『メイク代どうしてるんですかね?』

まず顔が超いかついなあ。。

このパンチのきいた顔面は学生には見えんのよ・・・w
そして花子のメイク代事情は先生に聞くことではないw
先生がどう答えたか知りたいですね。笑

『困った花子は靴墨ぬってたー!』
井ノ原快彦、ジャンボリー兄弟

爆笑するイノッチと岡田君w
この笑いにつられて笑っちゃうことは多々ありました。笑

こうしてみると、MCは大事ですね。ネタがよく分からなかったとしても、MCのリアクションが大きくておもしろいから思わずおもしろい感じになってしまう!笑

靴墨はさすがに肌に悪いと思うので、新しいバイトを探して
働いてちゃんとした化粧品を買いましょう(マジレス。笑)

『先生!理科室のアルコール!すぐなくなるんですけど・・・』

あら。窃盗?それとも・・・

『2組の花子がお湯割り飲んでたー!』

まさのwwww
花子いかちいww
バイトクビになったからやけ酒?w
お湯割りとは渋いですね~(そこ?w)

『先生!岡田のやつ、激やせしましたね!』

ダイエットしたのかな。

『密かに花子が血液吸ってたー!』

当の本人は爆笑ですがこれは完全にサイコパス案件w
といか血を吸われると痩せるんかな・・w
花子の吸血鬼説ありますね・・

『先生!花子のやつ柔道の授業だけめちゃめちゃやる気っすよ!』

花子は柔道が得意なのかな

『愛する岡田と寝技で燃えてたー!』

そっちw
寝技・・?意味深・・(心がけがれた大人w)
私も岡田君と寝技したい←

みかん女
みかん女
私も岡田君と寝技してみたいわ!

以上になりますが、面白さがやっぱり動画じゃないと・・・
こんなに面白いのに文章だと伝わりづらいもどかしさ・・・(´;ω;`)
『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』は昭和の歌ですが、平成生まれの私も知っているくらい結構有名な歌なので
一度原曲を聞いていてみて、サビの部分に歌詞を当てはめてもいいかもしれません!
花子ちゃんめっちゃ強烈女子なのになぜか憎めないのは本当に笑っちゃいますw

ヒットマンブギウギバンドの現在

そんな面白い替え歌を披露してくれたお二人は現在どうしているのか、調べてみたら意外な事実が!!

ヒットマンブギウギバンドの画面から見て、左にいたちょっと恰幅の良い方、お名前が本名:木村 晃健さんと言います。

じつは、TVの『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』に出演し、そこで貴乃花のモノマネを披露し、大反響があった人物と同じ方でしたー!

以前は力士を志していたとか。現在はフリーランスのお笑いタレントだそうです。この貴乃花のモノマネも似ているので気になる方はぜひチェックしてみてください!笑

ちなみに右いた方について調べましたが出てこずでした。。。もしかすると一般人に戻って平穏に暮らしているのかもしれません。できることなら、もう一度二人そろってテレビでネタを披露していただけないかなあと密かに思っています^^

ヒットマンブギウギバンドは学校へ行こう秋2021に出演するのか?

左側の貴乃花のモノマネする木村晃健さんは出る気があっても、右側の人は一般人のようです。オファーがあっても出演しないかもしれませんね。木村晃健さん1人だけ出ますかね?なつかしむ人が多いはずですので、出演してほしいです。

癒し系ミュージシャン 最後にまとめ

私が特に好きだった4組を簡単にサクッと紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

どのミュージシャンも個性が強くオリジナル性に富んでいて、見ていてある意味癒されるのかもしれません。笑
私がなぜ癒し系ミュージシャンが好きかというと、昨今のお笑い芸人やバラエティをみていると、デブ・ブス・禿げ・チビなど誰かの容姿をいじったり、悪口をいうような、だれかを落として笑いをとるスタイルが多いと感じています。

しかし、この癒し系ミュージシャンのコーナに出ている方たちは、特定の人を必要以上に落としたり貶したりせず、ネタが成立しているからです。

さろまん男
さろまん男
笑いがやわらかくて、2000年辺りは時代がよかった気がしますね!

私はもともと、誰かを必要以上に馬鹿にしたりして取る笑いは好きではないため、このような笑いはとても平和でクスっとでき、後味も悪くない。本当にリフレッシュ効果がすごいんですよ^^♪

ただやはり残念だったのが、当時の映像があまりないという点です。番組もコーナーもおよそ20年も前のものなので、仕方ない部分はありますが、音ネタはやはり文面だけじゃ伝えられない面白さがそこにあるんですよね。

今回は当時の映像などが少なくて物足りなさもありましたが是非、今回紹介した方たちのネタを運よく見つけられたら、動いている映像で見ていただけら幸いです^^!
絶対に笑います!!


スポンサーリンク

error: Content is protected !!