石井大裕アナウンサーの嫁の実家がスゴイ!松岡修造に師事したテニスの腕前や英語力、身長を調べてみた!


スポンサーリンク

TBSの「あさチャン」でスポーツキャスターとして、各種スポーツ中継のアナウンサーとして、熱すぎるがゆえに「うるさすぎ!」とも言われた「石井大裕アナウンサー」笑
2019年6月からは、「news23」のスポーツキャスターに就任されていますが、石井大裕アナの「嫁の実家」など、気になる情報を調べてみました。

石井大裕アナウンサーのWikiプロフィール

名前:石井 大裕(いしい ともひろ)
出身地:東京都大田区
生年月日:1985年6月5日
最終学歴:慶應義塾大学法学部政治学科
勤務局:TBSテレビ編成局アナウンス部
活動期間:2010年~
ジャンル:スポーツ
「news23」出演中
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/anatsu/who/ishii.html
<引用元:Wikipedia>

石井大裕アナは、テニス選手を目指して小学生の頃から大学までテニスに打ち込み数々の実績も残されていますが、負傷が続きプロの道を断念されました。

生粋の「慶應ボーイ」で、ご実家は「石井学習塾」という老舗の学習塾を経営されています。エリートそのものといった感じですね。ちなみに、お母様は台湾出身という事なので、石井大裕アナは日本人とのハーフになります。

2010年にTBSテレビへアナウンサーとして採用になり、スポーツアナウンサー、スポーツキャスターとして活躍中です。
2014年からは、先にTBSテレビへ入社していた兄の「石井大貴(ともたか)」さんと音楽ユニット「Well stone bros.」(ウエルストーンブラザーズ)を組み、ボーカル「ちゃん石井」としても活動されています。
とにかく「熱いアナウンサー」さんで、「松岡修造に似てる!」「松岡修造のパクり?」等とも言われています(笑)

石井大裕の嫁の実家がスゴイ!「韓国ロッテグループ」のご令嬢

石井大裕アナは2017年にご結婚されていますが、当時「週刊文春」に大きく報じられ世間から注目されていました。というのも、結婚が発表された当初「石井大裕アナのお嫁さんになる方」は「大手食品会社の役員令嬢」とだけ伝えられていたのですが、「週刊文春」により「韓国ロッテグループ」のご令嬢という事が判明したのです。

なんと!あの誰もが知る「お口の恋人ロッテ」ですよね!

「週刊文春」にスッパ抜かれた形になったのは、「石井大裕アナ(TBSテレビ)」側に公けにしたくない理由があったようです。

「韓国ロッテグループ」には、2016年「裏金疑惑」があり検察庁が捜査を進めていたんですね。

韓国ロッテグループとは

ロッテグループは、1948年に重光武雄氏が設立した「ロッテホールディングス」を中心とする会社グループで、「ロッテ」の収益を資金にして、1965年韓国に「韓国ロッテグループ」を発足させました。韓国ロッテグループは、「ロッテ百貨店」「ロッテホテル」「ロッテワールド」の三施設を中核とし「ロッテ財閥」を形成しています。創業家が率いるロッテホールディングスが「日本ロッテグループ」と「韓国ロッテグループ」の多くの企業を統括しており、ロッテグループ全体は創業家を中心とした多国籍企業となっています。
<引用元:Wikipedia>

「ロッテ」と言えば日本では、お菓子メーカーと野球の球団のイメージですが、ロッテグループ全体は、スケールが違いますね。

韓国ロッテグループの会長は、ロッテグループ創業者「重光武雄氏」の次男「重光昭夫氏」です。昭夫氏は、在日韓国人二世で韓国名は「辛 東彬(シン・ドンビン)」出生地は「東京都」ですが、国籍は「韓国」になっています。大成建設の会長を務めた「淡河義正氏」の長女「淡河真奈美さん」との間に1男2女の子があり、次女「シン・スンウンさん」が石井大裕アナのお嫁さんです。

【h3】石井大裕の嫁「シン・スンウン」ってどんな人?

一般人の方なので画像や情報は出回っていませんが、この画像の右端の女の子が「シン・スンウンさん」だと思われます。そして、真ん中の女性がお母様「淡河真奈美さん」のようです。お綺麗な方ですね!

シン・スンウンさんは、石井大裕アナより8歳年下で、都内の私立大学を卒業後大手メーカー「サントリー」に勤務されていたと報じられています。きっと、美人で賢いお嫁さんなのではないかと思います。

お2人の間には2019年4月に女の子が誕生され、世間から「暑苦しいパパになるのでは」と言われながらも子育てに全力で頑張っておられるようです。

【h2】石井大裕のテニスの師匠は松岡修造?

小学生の頃からテニスを始めた石井大裕アナは、小学6年生の時に東京都ジュニアテニス大会の12歳以下部門で優勝。元プロテニスプレイヤー松岡修造さんが有望なジュニアを集めて開催するテニスのキャンプ「修造チャレンジトップジュニア」に参加しキャプテンを任されたそうです。なんと!そこにはまだ幼い「錦織圭選手」も参加されていたとか。

これだけでも石井大裕アナのテニスのレベルが高いことがわかりますね!

将来有望だった石井大裕アナの戦績は…


スポンサーリンク

・2002年 世界スーパージュニアテニス選手権大会ダブルス ベスト4進出
・2002年 タイの国際ジュニア大会ダブルスで優勝
・慶應義塾高等学校3年時 全日本ジュニア選抜室内テニス選手権シングルス 準優勝
・慶應義塾大学法学部時 アマチュアテニス選手としてITFフューチャーズ大会に挑戦

テニスに打ち込まれ、将来を期待されていた石井大裕アナですが、怪我が続きプロへの道は断念されました。

残念ですが、テニスをされていた事からアナウンサーへの道が開け、大好きなテニスの取材や錦織圭選手の試合の解説ができ良かったですよね。

現在でも特技は「テニス」で、「うるさすぎる」熱血漢は師匠の松岡修造さん譲りのようです(笑)

石井大裕の身長は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

きららファンタジア系 #きららファンタジア #TBSアナウンサー #石井大裕

きららファンタジア系(@kiraraxishiroutigurupu)がシェアした投稿 –


185cmです!

テニスプレイヤーとして活躍されていただけあって、体格に恵まれておられますね。現在のお仕事スポーツアナウンサーとして、大柄のアスリートの中に居ても引けを取りませんし有利なのではないでしょうか。

石井大裕の英語はどこで覚えたの?


石井大裕アナは、幼稚舎からの「慶應ボーイ」でご実家が学習塾という環境で育たれた事から成績は優秀な方だと思われます。

そして、学生時代にはテニスの試合で世界を転戦され、テニスプレイヤーを引退後はアメリカのスポーツ番組で契約社員として働かれた経験があります。「ワールド・ベースボール・クラシック」や「世界陸上」の中継で英語でのインタビューを立派にこなされていたのは、この経験が生きていると思います。

やっぱり「人生に無駄な事なんてないんだ!」と感じますね。

石井大裕があさチャンで「うるさすぎ?」ネットの反応

石井大裕アナは熱血漢がゆえに「うるさすぎ」と言われていますが、「あさチャン」の視聴者の声はどうでしょうか。

石井大裕アナは、2018年平昌オリンピックスピードスケート女子500メートルで金メダルを獲得した「小平奈緒選手」のインタビューで「獣のような滑り」と表現し批判を浴びた事もありましたね。

ネットの反応は賛否両論で、「朝からテンションが高すぎて観ていられない」という声と逆に「元気がもらえて好き」という声があります。2019年6月からは「あさチャン」を卒業して「news23」のスポーツキャスターに就任されていますが、相変わらず「うるさすぎ?」で個性派のアナウンサーさんです。

まとめ

「news23」のスポーツキャスター「石井大裕アナ」について調べてみましたが如何でしたでしょうか。


・石井大裕アナウンサーの嫁は、韓国ロッテグループ会長の次女「シン・スンウン」
・テニス歴は長くプロを目指していた。松岡修造さんが開催していたテニスのキャンプに参加した事や世界ランキングを持っていた事もあるが、怪我で断念。
・身長185cm
・英語でのインタビューができる。
・熱血漢で「うるさすぎる?」個性派アナウンサー
これまでの経験を十分に生かされている「石井大裕アナ」ですが、「news23」の視聴者が離れていかない様に、アナウンサーとして成長される姿を応援しています!


スポンサーリンク