小室圭と眞子さま 結婚まとめ~時系列でわかりやすい


スポンサーリンク

すったもんだの末、結婚会見なしで結婚。アメリカの司法試験に落ちてこれからどうするのか?と言われている小室圭さんと眞子さま。なれそめから結婚、そして、これからの予測を時系列でまとめました。

小室圭と眞子さまの時系列順の出来事

2010年4月◆国際基督教大学入学。大学1年生
2012年4月◆国際基督教大学構内での説明会で小室圭さんの後ろの席に眞子さまが座られたことから交流。大学3年生
4月◆渋谷の飲食店。学経験者やこれから留学をする大学生など約50名集まった会(出会い合コンのような)で仲良くなる
8月◆眞子様が英国留学される前に交際開始
2013年12月◆小室圭さんプロポーズ。眞子さまは受け入れた
2014年7月三菱東京UFJ銀行 入社。法人営業担当
2016年6月◆1年あまり~2年で退職したと言われている
2017年9月◆赤坂東邸婚約内定会見
12月◆小室圭さんの母・小室佳代さんの金銭トラブル発覚
2018年2月◆結婚延期発表
2018年8月◆小室圭さんがアメリカへ留学し、ニューヨーク州の弁護士資格を取得のためロースクール(法律学校)に入学を発表
2020年11月◆眞子さま結婚文書。2人の気持ちに変わりはない
2021年4月◆小室文書。金銭トラブルについて28ページ及ぶ説明文
2021年5月◆ニューヨークのフォーダム大ロースクール修了
7月◆ニューヨーク州の司法試験を受験
9月◆米国の法律事務所ローウェンスタイン・サンドラーに就職
10月29日◆米ニューヨーク州弁護士試験に落ちた

小室圭さん司法試験不合格で今後どうなるのか?

奧野総合法律事務所・外国法共同事業 奧野善彦所長が小室圭さんのアメリカでの生活資金・学資を工面していました。

奥野さんは返済期限は設けず、資金援助していました。(皇室ライター)
関係者によると、奥野さんは今後もバックアップを続けるという。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3760972/

引き続き援助するとのことでしたので、お金の面で問題はないでしょう。

次回の試験は来年2月 また落ちたらどうなるのか?

小室さんはすでにニューヨークの法律事務所「L」でLaw Clerk(法律事務員)として働いているが「ドライな米国社会では司法試験に2回連続で落ちるとクビになりかねない」(米国在住ライター)という。

しかも〝弁護士見習い〟的な位置付けのLaw Clerkですら、1年目は寝るヒマもないほどの激務だ。
「再チャレンジに向けてどうやって勉強時間を確保するのか。司法試験の合格率が初回ほど高いのはそのためで、仕事と試験勉強を両立させるのは難しい。

小室さんはいきなり厳しい現実に直面したことになります」(同)

収入の面でも弁護士と事務員では雲泥の差があり、司法試験に合格した前者なら年収2200万円程度、後者は600万円程度になる。

「夫婦の置かれた状況を考えても、来年2月の試験がラストチャンスになる可能性が高い。ここで合格できれば問題ないが、万が一ダメなようだと、日本に戻ることも考えなければいけない」(キー局皇室担当ディレクター)

入籍後の会見で眞子さんは小室さんの留学について「前倒しして海外に拠点を作って欲しいと私がお願いしました」と語っている。〝自由の国〟アメリカで暮らしたいのは眞子さんの方なのだ。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3761227/

2回目落ちると解雇されるかもしれないと。日本の皇室関係なので、クビになることはないと思いますが、本来ならクビなのに居続けるとなると、同僚から嘲笑され、職場環境が良くない中働くことになりそうです。

日本ハムの斎藤佑樹氏が特別扱いで野球選手で居続けましたが、ファンから自分から辞めたほうがいい、ヤジなどいろいろ言われました。

でも、斎藤佑樹氏が11年も日本ハムに在籍できたのは11年契約だったからという噂があります。

上の人がそれでいいと言えば、同僚がなんと言おうと在籍できるので、小室圭さんはニューヨークに居続けることはできると思いますが。

そうなった際には「ニューヨークの滞在費はどうしてるんだ?」とまたツッコミが入りそうです。次回はしっかり合格するといいですね!


スポンサーリンク

error: Content is protected !!