CO.慶応(コウけいおう)の現在は?学校へ行こう2021秋に出るのか?


スポンサーリンク

バラエティ番組『学校へ行こう』の人気企画で大人気 !試験対策にバッチリ?
高学歴ラッパー『CO.慶応』
コケオの現在1

私が小学生(高学年)のころに見ていたバラエティ番組「学校へ行こう」の人気企画「B-RAP HIGH SCHOOL(ビーラップ ハイスクール」に出演していた、『CO.慶応』をご存知でしょうか?
あの有名なドラゴンアッシュが歌っている曲『Life goes on』のリズムに乗って、歴史を解説したりするお勉強系ラッパー?です!笑

最近、YouTubeで学校へ行こうの過去の映像を見ていたらとても懐かしく、そして大人になった今でも、良く出来ているなあと感心したり、クスっと笑ってしまうネタがあったので、この記事では私の大好きなCO.慶応について書いていきたいと思います。

『Co.慶応』とは

読み方は、『コウけいおう』です。

名前にある通り、慶応義塾大学の理工学部に在学中、番組出演をしました。今までギャグ系が多かったB-RAP HIGH SCHOOLに『お勉強系ラップ』を持って披露したことでブレイクしました。私も初めて見たときは『新しい人が来た』と感じたことを覚えています。

『Co.慶応』の『Co(コウ)』の由来は本名に『高』という字が使われており、それの音読み(こう)だったことと、当時はやっていた『Steady&Co.』をかけたものだそうです。

※Steady&Co.(ステディ・アンド・コー)はDragon Ashの降谷建志とBOTSのプロデュースによって2001年に結成されたスペシャルユニット。

『Co.慶応』ネタの特徴

主に歴史系を中心に構成されています。たとえば『戦国武将ラップ』や『日本史ラップ』などがあり、これが『テンポが良くて覚えやすい!』と当時、学生達に人気だったそうです。

歌も面白いですが、歌い始める前、モニター越しで当時では珍しかった画面に『~だよね!?』と語り掛けるところもジワリますw

いや別にwって当時小学生だった私はテレビの前で一人つっこんでいました。笑
小学生だからそんなに勉強が難しくないお気楽時代だったので・・・w

『先土器~縄文~弥生~古墳~飛鳥~♪』とラップが始まり・・
学校へ行こう こうけいおう

一小節終わるごとに、早口での解説が始まります。これが時々、詰め込みすぎて何言っているのか分からない時があるのですが、それはそれで面白いのでヨシとしていました。(笑)

何個かネタ歌詞を紹介したいところなのですが、当時の映像があまり残っておらず、かつやはりラップに乗せて初めて面白いと思えるので文章ではなかなか表現が難しいです。
そこで、現在のCo.慶応がYouTubeをやっている情報を下記に記載したのでぜひ、ご覧ください!!


スポンサーリンク

Co.慶応の現在 あれから十数年・・・

あれから随分と時間が経ちました。当時小学生だった私もアラサー(泣)です。
今あの人はどうしているのだろう?慶応義塾大学だからどっかエリート先へ就職?!と、下世話ながら気になり少し調べてみました!

Co.慶応は、とても人気だったのでB-RAP HIGH SCHOOL放送時はほぼ毎回、出演していましたが、番組終了と同時にテレビからは姿を消しました。
そして無事に大学卒業後、大手の金融会社に就職したそうです(三井住友系!やっぱりw)

その後、会社員と二足の草鞋で、教育系のYouTubeを開設し芸能活動を再開。ワタナベコメディスクールを卒業し、2018年に10年間勤めていた金融会社を退職し、現在はYouTubeでお勉強系ラップを披露しています。音楽教材制作会社『株式会社Co.Keio』を経営されています。

ちなみにYouTubeの番組名は
Co.KEIO の『コケオ中学校~社会に貢献するラップを~』です。

コケオとは!wと思いましたが、そこはもう気にせず行きます!(笑)
チャンネル登録者数は7.16万人なので、まあまあいますね!!

当時と同じ、日本史のラップや時代別の解説ラップなど、やはり社会科目中心ですね。
中には、元素記号の覚え方ラップや太陽系ラップなどの理科もありますよ!(笑)

どの動画もほとんど1万回以上再生されていますし、評価も上々なので現在学生の方たちや、社会人として勉学から遠ざかっている私のような大人でも楽しめそうです!

しかし、十数年たったのに、あまり容姿が変わっておらず若々しいCo.慶応がうらやましい・・・w

コケオは学校へ行こう2021秋に出るのか?

コケオさんはTwitterをやられていますが、学校へ行こう2021秋に出演するという情報は出ていません。


YouTubeの宣伝になりますし、出演してほしいです。情報がわかり次第更新します。

学校へ行こう コケオのまとめ

私が小学生のころは現在の様にネットなどは発達しておらず、勉強といえば紙媒体のみで楽しいといった概念はなかったです。それが初めてCo.慶応のお勉強系ラップを聞いたとき『すごい人がいる』と感じました。
また、慶応大学は頭がいい学校という認識があり、たくさん勉強をしてきた精鋭が集まるお堅い集団のイメージでしたが、Co.慶応のように面白い人もいるのだなと思い、慶応大学を目指すきっかけにもなりました(結果、受験するも落ちましたがwww)
ある意味人生を変えた人?ですね。(笑)

現在も、教育系YouTuberとして活躍されているようなので、勉強嫌いや、暗記が苦手な子たちに少しでも楽しい、わかりやすいと思ってもらえるように今後の活動と活躍に期待したいです!!応援しています!!!


スポンサーリンク

error: Content is protected !!