松村優太のプロフィールや経歴・プレースタイルについて解説!家族構成や弟についても


スポンサーリンク

松村優太選手は静岡学園サッカー部の10番を背負い、第98回全国高校サッカー選手権決勝で青森山田を3-2で下し24年ぶりの全国制覇。

得意は圧倒的なスピードとドリブル技術。2020年から鹿島アントラーズへ入団。

松村優太のプロフィール

名前:松村優太(まつむら ゆうた)
生年月日:2001年4月13日
年齢:19歳
出身地:大阪府
身長:173cm
体重:63kg
現所属チーム:鹿島アントラーズ
ポジション:MF
背番号:27
利き足:右

松村優太の高校時代

松村優太選手は、静岡の名門である静岡学園サッカー部出身。

高校2年生の頃から頭角を現し、背番号10を背負いプレー。スピードとドリブルに定評があり、「静岡のアザール」とも言われました。

第98回全国高校サッカー選手権大会では、持ち前のスピードとドリブルを活かしてチームの勝利に貢献。

静岡学園は決勝まで勝ち進み、青森山田と対戦。決勝でも松村選手のプレーは際立っており、サイドエリアで積極的にドリブルを仕掛け、攻撃を活性化させていました。静岡学園は青森山田に3-2の激戦を制し、見事24年ぶりに全国制覇。

松村優太は世代別代表でもプレー

松村選手は、世代別代表でもプレーした経験があり、これまでにU-17日本代表とU-18日本代表に選出されている。

出場した大会は、以下の4つ。

JENESYS2018日メコン U-17サッカー交流大会
2019年コパ・デル・アトランティコ
2019年リスボン国際トーナメントU-18
2019年SBSカップ 国際ユースサッカー

この年代で日本代表としてプレーした経験は、必ず今後のサッカーでも活かされでしょう。自慢のスピードとドリブルを鹿島アントラーズで磨きをかけ、さらに成長していけば将来フル代表に選出される可能性も。

松村優太は鹿島アントラーズに加入

静岡学園で全国制覇した後、鹿島アントラーズへ入団。

「選手権が終わった次の日くらいに、鹿島のキャンプに合流したんですが、すぐに切り替えて、プロとしてやっていく気持ちになりました。プロでやる以上は試合に出ないと意味がないので、優勝の余韻に浸るよりも、チームに早く慣れることが大事だと思っていました」
引用元:https://www.jleague.jp/sp/news/article/16673/

松村と武田英寿はよく比較されますが、2人の関係は野球で言うとヤクルトの村上と日本ハムの清宮に似てます。

武田英寿は青森山田が全国制覇した時に二年生で唯一のレギュラー。準優勝した三年時はエース番号の10番を背負ってチームを引っ張りました。

その青森山田を破って優勝した静岡学園のエースが松村優太というわけです。

松村優太はJ1開幕前のルヴァンカップでメンバー入りし、名古屋グランパス戦の後半81分に途中出場しましたが、わずか9分後に相手GKに足裏を見せた危険なタックルをしてしまい一発退場に。

さらに、チームも0-1で負けてしまい、松村選手にとってはほろ苦いデビュー戦となりました。

試合が終わった後、悔しさのあまり涙を流してしまったそうです。

しかし、この時の松村選手には間違ったプレーをしてしまったことを素直に認める素直さと、試合に勝つことにこだわる強い精神力が垣間見えました。


スポンサーリンク

プロで活躍するなら、このメンタル面は非常に大事な要素です。

松村優太のプレースタイル

松村といえば、圧倒的なスピードとドリブル技術。ポジションは右サイドハーフやWGでプレーでき、アタッカータイプの選手。

日本代表でいえば、堂安律選手や久保建英選手などとポジションが被ります。

しかし、タイプ的には横浜F.マリノスで活躍し、日本代表にも選出されている仲川輝人選手に近いかもしれない。

ボールを持ったらまず前に進もうとする強気な姿勢や圧倒的なスピードは、仲川輝人選手に似ていますね。

また、守備にも貢献できる選手であり、チームの守備戦術を覚えれば守備でも存在感を発揮できる選手になるかもしれない。

しかし、今後の課題としてはアタッカーとしてもう少し得点力を上げたいところです。

鹿島アントラーズではもちろん、日本代表に選出されるためには仲川輝人選手のように得点力は必須の能力。

自分の得意な形を作り、シュートパターンも増えてくると良いかもしれません。

また、現在の松村選手のオフザボールの動きは、縦方向のイメージが強い。

今後は縦だけでなく、横や斜めなどオフザボールの動きのバリエーションを増やすことで、得点能力も向上するかと思われます。

松村はタイプ的にはかつての前園のようにドリブルで勝負するタイプ。鹿島の攻撃陣は以前ほど絶対的な存在がいないからチャンスは早くあると思われます。

彼の課題は攻撃に寄り過ぎてるので、守備をどれくらい出来るかですね。上のクラスにいけば、そこも求められてくるので。

持っているポテンシャルは素晴らしいので、今後の成長次第で仲川輝人選手のように日本を代表する選手になることを期待しています!

松村優太の家族構成

松村選手の家族構成は、父親・母親・松村優太選手・次男・三男・四男の6人家族。

父親の名前は松村憲道(のりみち)さんです。父親は幼少期から松村選手の練習に付き添い、土日には必ず練習を行い雨が降っていたとしても、ドロドロになりながらドリブル技術を高めるために1対1のドリブルを行なっていたそうです。

松村選手のドリブル技術が凄いのは、父親のサポートがあったからかもしれませんね。母親の情報は載っていませんでした。プロで活躍してから載るようになるんでしょうね。

松村優太の弟である次男はどんな人?

松村選手は4人兄弟の長男であり、弟が3人います。

次男は拓実さんという名前で、松村選手も在籍していた静岡学園サッカー部に所属しています。

こちらのインスタ画像をスライドすると、松村選手と拓実さんの2ショット写真が見られる。

この画像を見てみると、顔はあまり似ていないようですね。

お兄さんと比べると、まだ体の線も細くあどけなさも残っています。松村拓実さんは、松村選手と同じくMFとしてプレーしています。

どんなプレーをするのかはまだわかりませんが、もしかすると松村選手のように背番号10番を背負って、全国大会で注目される選手になるかもしれません。

今後プロになれれば、兄弟でプロサッカー選手ですから話題になりますね。松村選手同様に、松村拓実さんの今後の成長を期待していきたいです。

松村優太の弟である三男、四男はどんな人?

三男の情報は残念ながら明らかになっていないく、松村選手のようにサッカーをやっているのかも定かではない。まだ小さいから情報が出ていないのでしょうかね。

四男についても残念ながら情報は明らかになっていなく、三男と同様に現在サッカーをやっているのかも定かではない。

おそらく年齢的にも小学生低学年、もしくは幼稚園児の可能性もありますね。

まとめ

今回は、松村選手のプロフィールや経歴、プレースタイルや家族構成に書きました。

松村選手は静岡学園で、第98回全国高校サッカー選手権大会で見事全国優勝を果たしている。

「静岡のアザール」と言われ、圧倒的なスピードとドリブルを武器に、現在は鹿島アントラーズでプレー。

プレースタイルは横浜F.マリノスの仲川輝人選手に似ているところもあり、今後の成長時代ではフル代表に選出されることを期待です。


スポンサーリンク

error: Content is protected !!