西川潤 経歴やプレースタイル 日本代表は?兄についても解説


スポンサーリンク

桐光学園でインターハイ優勝を経験し、早くから注目されていた西川潤選手。

西川潤選手は世代別代表の10番としてもプレーし、次世代の日本代表を背負う選手として期待している方も多いのではないでしょうか。

そんな西川潤選手の経歴やプレースタイル、また兄の存在について気になります。

そこで、西川潤選手の経歴やプレースタイル、兄についても詳しく解説していきます。

西川潤のプロフィール

名前:西川潤(にしかわ じゅん)
生年月日:2002年2月21日
年齢:18歳
出身地:神奈川県川崎市
身長:180cm
体重:70kg
現所属チーム:C大阪
背番号:49
利き足:左

 

西川潤の小学・中学時代

西川潤選手の小学生時代は、青葉フットボールクラブに所属してプレーしていました。

小学生のときから飛び抜けた才能の持ち主で、「ナショナルトレセン」でも活躍していたそうです。

さて、中学生時代は、横浜Fマリノスジュニアユースへ入団しました。(横浜FマリノスジュニアユースOBにはハーフナーマイク、飯倉大樹、天野 純選手がいます。)

中学時代にはU-15日本代表にも選出され、世界の選手を相手にプレーしています。

その後、西川潤選手は横浜Fマリノスユースに昇格するのではなく、サッカーの名門・桐光学園に進むことを決意しました。

西川潤の高校時代

 

この投稿をInstagramで見る

 

西川潤(@_junnishi)がシェアした投稿

西川潤選手は桐光学園で新たな道へ進み、ここでも圧倒的な活躍を見せます。

高校でも世代別代表に選出された西川潤選手は、U-16日本代表ではAFCU-16選手権決勝で決勝ゴールを決め、大きな注目を浴びました。

※桐光学園出身の有名人→中村俊輔(元 サッカー日本代表)、松井裕樹(プロ野球楽天)

その後、U-20日本代表とU-17日本代表の2つの世代別代表としてプレーしつつ、高校2年生の時にはC大阪の特別指定選手に登録されました。

2019年3月13日のルヴァンカップでは、ヴィッセル神戸戦で途中出場し、Jリーグデビューも果たしています。

桐光学園としてはインターハイで初の日本一を獲得するものの、活躍するはずだった選手権ではまさかの神奈川県予選決勝で日大藤沢に0-1で敗れてしまいました。

最後の大会で結果が残せなかったものの、この悔しさをバネに、C大阪で飛躍することを決意します。

「この3年間の思いを忘れずに次のステージも戦っていきたい」と誓った。
引用元:https://www.soccer-king.jp/news/japan/highschool/20200117/1024041.html

 

西川潤はC大阪に入団

西川潤選手は、2020年からC大阪に入団することが決定しました。

C大阪は日本代表でも活躍した香川真司選手や、現在日本代表の中心である南野拓実選手などを輩出したクラブです。

高校時代から西川潤選手は大きな期待を寄せられており、C大阪でもサポーターからすごい期待をされています。

西川潤にバルセロナも興味を示す

C大阪での活躍が期待されている西川潤選手ですが、なんとスペインの強豪であるバルセロナからも熱視線との報道がありました。


スポンサーリンク

2019年の夏にはバルセロナからの接触もあったそうで、当時は18歳の誕生日をもって契約成立とも噂されていました。

バルセロナといえば久保建英選手がカンテラで育ち、現在は阿部裕葵選手がバルセロナBに所属しています。

西川潤選手もバルセロナへ行くことになれば、日本人として3人目の快挙となります。

しかし、今のところ西川潤選手はC大阪でのプレー望んでいるようです。

しかし、海外でのプレーは目標でもあると以前語っていましたので、もしかするといずれバルセロナへ移籍する日が来るかもしれません。

西川潤のプレースタイル

西川潤選手は攻撃的なプレーを得意とし、FW・トップ下・WG・サイドハーフなど、攻撃的なポジションならどこでもプレー可能です。

身長180cmでレフティー、日本ではあまりいないタイプの貴重な選手です。

西川潤選手の特徴として、まずは圧倒的なドリブル技術が挙げられます。

細かいボールタッチとスピード感のあるプレーが融合し、西川潤選手独特のテンポで相手を翻弄できる選手です。

日本人らしく俊敏性にも優れ、南野拓実選手や堂安律選手と一緒にプレーしても、良い連携ができる可能性は秘めています。

一方で、身長180cmながら体重が70kgと軽く、フィジカル面はまだまだ改善しなければいけません。

とくに世界を相手に活躍するためには、ある程度のフィジカル能力は兼ね備えていく必要があります。

しかし、今後C大阪でプレーしていく中で、フィジカル面が向上すれば、日本代表に選出される日も必ず来るでしょう。

また、攻撃的な選手のためもう少し得点やアシストでチームに貢献していきたい部分もあるでしょう。

シュートセンスやパス精度もある選手なので、今後の成長次第で日本屈指のチャンスメイカーになれるかもしれません。

西川潤の兄は西川公基

西川潤選手には兄がいて、同じくサッカーをしている西川公基選手です。

西川公基選手も桐光学園でプレーしており、西川潤選手は兄を追って桐光学園へ進学しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

西川潤(@_junnishi)がシェアした投稿

西川公基選手の実力もすごく、桐光学園では10番を背負い、U-16日本代表にも選出された経験があります。

現在は神奈川大学でプレーしており、大学卒業後、プロ入りする可能性も十分あり得るでしょう。

まとめ

今回は、西川潤選手の経歴やプレースタイル、兄についてまとめました。

西川潤選手は18歳ながらすでにJリーグデビューもしており、今後の活躍が期待されています。

世代別代表にも選出されており、今後の日本代表を背負うだけのポテンシャルがある選手です。

まだまだ18歳と若いですが、日本を代表する選手へ成長していくのか、今後の動向に注目していきましょう。


スポンサーリンク

error: Content is protected !!