【ヤバイ】男子マラソンで給水妨害!フランス選手がペットボトルを全部なぎ倒す!


スポンサーリンク

東京オリンピック、男子マラソンでフランスのMorhad Amdouni選手が後続の選手にペットボトルを取らせない目的で、ペットボトルを全てなぎ倒した件が物議をかもしています。

「スポーツマンシップとしてどうなのか?」世界中で話題に!

ニューヨークポスト:Amdouniが最後の水を取る前に水列全体をひっくり返したことについての考えは?

ニュージーランドでも話題に。
https://www.nzherald.co.nz/sport/tokyo-olympics-2020-french-marathon-runner-morhad-amdouni-appears-to-sabotage-rivals-by-denying-them-water/3VI56JER7N2YT4TJE5W63QMN54/
翻訳:東京オリンピック2020:フランスのマラソンランナーであるモルアドアムドゥニがライバルに水を拒否することで妨害しているように見える
男子マラソン 給水妨害 ニュージーランドでも話題

Morhad Amdouni選手のフェイスブック。フランス語でいろんなコメントが書かれています。翻訳すると多くが苦情であることがわかります。
フェイスブックはこちら
Morhad AmdouniのFacebook

ユーロスポーツ。

レース中の実況

翻訳:彼らは私にこれを送ってくれます:彼は本当に不器用で巧みなMohrad Amdouniで、テーブルのすべての缶を倒しましたが、最後の缶をなんとかつかみました。

Twitterでの反応

金メダリスト有森裕子さんの投稿

賛否両論の投稿

五輪ファンは超人のレースに期待していますが、彼らのスポーツマンシップも期待しているのです。

こういう場面、見たかった。

わざとに見えました。

さろまん男
さろまん男
私もわざとに見えました。他にもボトルをなぎ倒した選手がいたなら滑りやすかったのだと思いますが、これをしたのはMorhad Amdouni選手だけでした。

意地でも認めない。それも彼らの価値観なのかもしれません。

ただ、フランス新聞「ルモンド」でもこの話題を取り上げていますし、フランス人の声ももう少ししたら広まってくるでしょう。

勝負ごとをする時のフランス人の価値観、これは知っておく必要がありそうですね。スポーツマンシップ関係なく「勝てば官軍」という価値観なのか?
給水を取ってあげるという美しい光景もあるんですね。

昔の感謝の気持ちを思い出した人もいます。今回の五輪マラソン給水妨害の件は、一定の意味があります。

故意ではないというご意見。

仕方ないという声もありました。

経験者の声。テーブルを増やすんですね。

マラソン 給水に使われた水はいろはす

いろはすバスターと言われています(笑)

気持ちがスカッとするツイート

彼の直後にいて給水を取れなかった選手が銀メダル。よかった!

渡してもらうこともあるんですね。美しいスポーツマンシップだ!

給水所のスタッフさんたちは選手にエールを送っていました。

まとめ

わざとだという声が多いですが、わざとではないという声をありました。現時点ではどうだったのか?分かりません。
今回の、男子マラソン 給水妨害事件。真相はどうだったのか?orhad Amdouni選手は今度釈明する機会があるでしょう。それを見てみたいです。
もしわざとであったならば、人間は過ちを犯すものですし、しっかり反省すれば世間は許してくれると思います。

みかん女
みかん女
勝負は大事ですが、今後もスポーツマンシップを見たいですね!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!