マイルを使った特典航空券と現金・クレカ購入とeJALポイントで航空券買うのどれがいい?


スポンサーリンク

マイルの期限が近づいているのでマイルを使ってしまおうと思います。JALもANAもマイルの有効期限を半年伸ばしてくれますが、半年後にまた期限延長になるか分かりません。

今度こそ忘れそうになるので、使える時に使ってしまおうと。

eJALポイントもずいぶんと溜まっているので、どっちがいいのか?と思い、調べてみました。

羽田→宮古島の特典航空券を取ってみた

買うのがいいか?マイル特典航空券を使うのがいいか?比較しました。

6/11現金購入マイル消費
ANA25,570円1万マイル
JAL22,470円10290マイル
ANA:スーパーバリュー JAL:ウルトラ先得

結論:3/2に、ANA特典航空券を利用し、(昼便)チケットを取りました。

2人分。

1マイル=2.2円~2.5円なので、マイルを使うのがお得です。

3カ月以上前のスーパーバリュー、ウルトラ先得でこの値段。近くなったらもっと高くなるので、出発が近い時こそ特典航空券を使うのがよいですね。

間近で特典航空券を使えたらすごくお得ですが、特典航空券枠が残っているかわからない、ネックなのですが、運ですね。

羽田~宮古島、女満別、紋別、稚内などの地方便は買うと高いので、マイル特典航空券を使うのがおすすめです。私はいつもそうしています。今回もマイルを使いました。

羽田ー札幌、福岡、那覇などの主要幹線は現金で買うのが良いです。

スカイマーク、AIR DO、ピーチなどが飛んでいるので、便数も多く値段が安いです。

宮古島→羽田を取ってみた 6/15帰り

結論:JALの特典航空券を使って、チケットを取りました。


スポンサーリンク

6/15の値段、マイル消費を比較してみました。

宮古島→羽田現金購入マイル
ANA22,470円1万マイル
JAL22,470円10290マイル

帰りはJALの特典航空券を使いました(2人分)。夜便です。20:15発→22:15着です。

理由は、ANAマイルが足りなかったからです。

JALでもANAでもどちらでもいいです。自分のマイル残高、空席状況によります。

まだ空いていました。

eJAL・ANAコインの使い方

結論:マイルはそのまま特典航空券で使うのが一番お得です。

eJALポイントにするには、1万マイル=15000ポイントで交換できます。(1000マイル=1000ポイントでも交換可)

1ポイント=1円で使えます。宮古島→羽田22,470円の航空券をeJALポイントで買う場合、22,470ポイント必要ってことになります。

まとめると、

マイル特典航空券eJALポイント
宮古島→羽田に移動1万マイル▲1万マイル=1.5万P(あと7000P足りない)

ってことになります。eJALポイントを使うと、7470ポイント足りないのです。

なので、マイルを使った特典航空券が良いです!
ANAコインも同様です。

eJALポイント、ANAコインのメリットは?

では、なぜeJALポイント、ANAコインが存在するのか?というと、マイルを失効させたくない場合の延命措置です。だいぶ損しますが、期限が切れるより良いでしょうってことです。

eJALポイント、ANAコインも有効期限があるので注意しなくてはいけませんが。

eJALポイントの有効期限は交換した日の1年後の同月末です。

2022年3月20日に交換→2023年3月31日が有効期限です。

貯めたマイルは貯めておかないで、ある程度で使ってくださいってことですね!

特典航空券を使うか?現金・クレカ購入? eJALポイントで航空券買うのどれがいい?まとめ

マイルは有効期限があるので、このように、1マイル=2円以上で使えるところでマイルを使うのが一番良いです。

マイルは他に交換せず特典航空券で使うのが一番お得です。期限が迫ってきてしまった場合だけ、ギフトやレストランお食事券に替えるとか、eJALポイント、ANAコインに替えることをお勧めします。

特典航空券に替える場合は、羽田ー宮古島など、値段が高い地方路線で使うことをお勧めします!


スポンサーリンク

error: Content is protected !!