立憲民主党 50代男性職員が盗撮で逮捕された!いったい誰?

立憲民主党50代職員が逮捕!埼京線、新党さきがけからの古参職員。

スポンサーリンク

週刊新潮によると、9月18日深夜、立憲民主党 50代の男性職員が、出張帰りの蕨市内を走るJR埼京線の中で、向かいに座る女性をスマホで盗撮し、埼玉県警に逮捕されました。逮捕された職員とは誰か?調査していきます!

立憲民主党は、この男性職員を1カ月の停職処分しています。

逮捕された立憲民主党の50代職員は誰?

政治部デスクによると、

問題の職員は『新党さきがけ』時代からの古参で、福山氏とは“ちゃん付け”で呼び合う間柄。国民民主との合流で立民に移籍した外様職員を下に見るパワハラ気質で、同僚の評判は最悪でしたが、上層部からは寵愛されていました。結局いつもの“身内贔屓”が仇になったのです。(政治部デスク)

ずいぶんとヒントが出ています。

誰か?分かりそうな情報まとめ
・50代男性職員
・新党さきがけからの古参
・福山哲郎党幹事長とはちゃんで呼び合う間柄
・本部勤務職員
・外様職員を下に見るパワハラ気質
・9月19日から1か月停職

誰なのか?気になるのですが、どうやらテレビに出てくる議員ではなく、ただの職員だった可能性が高いです。本人は酔った状態で意識しないで盗撮したとのことです。エスカレーターの下から盗撮したり、本当に悪意のある盗撮であったら、身内も許さないでしょう。

議員だったら、1か月活動していない50代男性ですから、誰か分かってくるはずです。

職員だったら、表に出て来ないので、立憲民主党の議員、身内しかわかりません。誰かが漏らさない限り名前は出て来ないでしょう。

情報が分かり次第、更新します。

対応が悪かった

これを読むと、党の対応がとても悪かったと感じます。全く説明になっていません。

「連休が明けた21日の午後には福山哲郎党幹事長による定例会見が行われたのですが、福山氏は事件のことはおくびにも出さなかった。その日の夜になって、突然“党本部勤務職員が酔って迷惑行為を行った”という、内容の全く分からない文書を発表したのです」

 記者からの質問を避けるような発表の仕方に非難は囂々(ごうごう)。翌日の枝野幸男代表のぶら下がりで、この件に質問が集中したのは当然の成り行きだった。ところが、

「枝野氏も“職員は労働者”“彼の労働基本権に基づいて”“男性か女性かで分ける時代ではない”と、職員の性別も含めて回答を拒否。職員を庇うかのような態度に報道は過熱し、党内からも批判の声が上がることになったのです」(同)

Twitterの声がヤバイ

厳しい声ばかりでヤバイです。自民党で同じことがあったら糾弾しますからね。説明責任は果たしてほしいです。

電車内で前に女子がいると、こんな感じですね(笑)

自民党を責める場面が多かったですが、今回はブーメランで返ってくるか?


スポンサーリンク

本多平直14歳性交発言で処分

ただ一方で、2021年5月に本多平直(当時、立憲民主党)議員が「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と発言し、本多平直氏は辞職に至りました。

本多平直氏は発言を謝罪し、党はそれ以上の処分をしませんでした。しかし、立憲を支持する女性団体などが「性犯罪への認識が甘い」と反発したので、党資格1年停止の処分を科しました。結局、本多平直氏は離党しました。

この時、党は回りから言われてそれなりの処分をしました。

本多平直氏の件と50代職員の件の違い

ただ、この時と違うのは、

最初から実名が出ていて、誰か分かっていたこと。

です。

本多平直氏の時は党員資格停止、除名など処分をすればそれで済みました。

今回の盗撮の件は、50代職員なので解雇すると手間がかかることが挙げられます。それなりのことをした場合は懲戒解雇すればよいのですが、懲戒解雇するのには抵抗があるのでしょう。

50代職員の埼京線盗撮事件は騒がれない可能性が高い

マスコミや国民は騒ぐかもしれないのですが、他党は糾弾しない可能性が高いです。

というのは、国会対策委員長に就任した高木毅(つよし)氏は30年ほど前に合鍵を作って女性宅に侵入、下着ドロをして現行犯逮捕されていたのです。

こちらの動画がおもしろいです。

被害者の妹が発言しています。

「当時、姉は(金融関係の)窓口業務をしとった。そこに高木さんは客として来て、姉は一方的に気に入られとった。だから、やったのが高木さんと分かると、姉は〝いややわー。家まで来とったんやー〟と言っていました」https://www.dailyshincho.jp/article/2021/10040601/?all=1

青山学院大学在学当時にも、元カノの下着をとったと指摘されています。

高木毅は他にも政党助成金未返還問題などがあり、こうした人物が大臣になることに問題がないか立憲民主党は突っ込んでいいのですが、突っ込むと、今回の50代職員盗撮の件を糾弾されることは必至なので、あまり強く言えない可能性が高いのです。

共産党、国民民主党などに言ってもらうしかありませんね。

立憲民主党 50代職員が盗撮で逮捕 まとめ

どの政党もこういうことはあるから、糾弾しすぎるのは自分に返ってくることはどの政党も分かっているでしょう。

国民のために政治をする議員はほんのわずかです。多くはお金、権力がほしいから政治家になっています。

芸能人は、クスリで逮捕→戻ってきた時に、お互いを毛嫌いせず、温かいですよね。政治家も政党を超えてこういう非人道的な行為を黙って目をつぶるなんてことにならないことを祈ります。

自分の政党にも返ってくるリスクはあるかもしれませんが、こういうことはしっかり目を光らせる政界であってほしいです。


スポンサーリンク

error: Content is protected !!